Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.9「ザ・モンキーズ」

vol.9「ザ・モンキーズ」

2013.06.27

daydream.jpg
 遂にスターベムズの1stアルバム『SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD』(長っ!)が発売になるど〜! インタビューでも散々語ってるけど、およそ3年以上の構想がやっと実った、激アツでEMOい1枚だからみんな聴いとくれ〜! あれ……しかし「EMOい」って何だろね? いつも軽々しく言ってるけどさ……というわけで今回は、極私的な「EMOい」曲の定義を紐解きながら、過去のアーティストを現代に蘇らせる試みにチャレンジしてみたいと思います!
 まずざっくり言って「EMOい」とは「エモーショナルである」事。リスナーの琴線に触れるような、感情的な高まりを煽る楽曲を指すんだと思うわけ……涙線を刺激すると言い換えても良いよね? となると楽曲がスゴい泣きメロを持ってたり、誰しもが泣けるようなポイント(物理的に涙が出る感じでも、奮い立つような感動を呼ぶでも可)を持つ曲が「EMOい」って事だと思うわけ……するってぇと、結構個人差が出ちゃうけど(人によって泣きポイントは意外と違うしね)……極々個人的にベッタベタに泣けるなぁって感じるのは……やっぱ我がルーツであるザ・モンキーズなのね!
 名曲『デイドリーム・ビリーバー』はもはや知らない人はいない定番曲なわけですが(清志郎さんはじめ数多のカバーも存在するし)、意外とモンキーズ本体にスポットが当たる機会はめっきり少なくなってしまいました……60年代にイギリスから世界を制覇したビートルズに対抗して、アメリカのショウビズ界がオーディションで集めた4人組ビート・グループ……半分が俳優出身という事もあって、初期の音源では歌唱のみで演奏させて貰えなかった等々、たしかにビートルズやザ・フーといったイギリス勢に比べると、アイドル感満載で、レジェンドの域に達しない情けないエピソードの数々……しかし本人達のペンによる楽曲もクオリティ高いので、ベスト盤からでもチェックする価値あり!
 さて、そんなモンキーズの泣きメロの秘密は……実はカントリー・ミュージックにあり! テイラー・スウィフトだってマイリー・サイラスだって元々はカントリー畑の出身であるように、21世紀の今もアメリカではカントリーが盛んに聴かれております。田園風景の中、アコギで呑気に歌ってるイメージばかりが先行しがちですが、基本的にはアメリカのワーキング・クラス・ソングであり、日々の疲れや人生の悲哀を綴ったカントリーとは、そもそも切ない泣きメロを主軸にシンプルな3コードで構成された、アメリカの良心でありテーマ・ソングなのです。というわけで答えは出てますな……女性版モンキーズを作れば、21世紀の今、大ヒット間違いNOTHING! え……テイラーやマイリー級の美女を探すのが難しいって? アイドル全盛の昨今ですから、気長にオーディションしましょ〜う!
 

HIDAKA.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!
http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD

限定盤(CD+DVD) DFCL-2008,09 / 3,200yen (tax in)
通常盤(CD)DFCL-2010 / 2,800yen (tax in)
6.05 IN STORES
※限定盤、通常盤ともに初回には特製アルバムステッカーが封入

ゲストミュージシャン
KYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、T.C.L、!!!KYONO+DJBAKU!!!)
Endy(GOOFY'S HOLIDAY)
笠原 健太郎(Northern19)
越川珠里 a.k.a DJ Princess Cut

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

THE STARBEMS 1st album release tour
“SAD MARATHON 2013″

7月8日(月)千葉LOOK
7月11日(木)仙台MACANA
7月13日(土)福岡CB
7月14日(日)岡山IMAGE
7月15日(月・祝)清水SOUND SHOWER ark
7月18日(木)名古屋アポロシアター
7月19日(金)大阪 十三ファンダンゴ
7月23日(火)渋谷CLUB QUATTRO
Shibuya CLUB QUATTRO 25th Anniversary “QUATTRO QUARTER”

FRONTIER BACKYARD NEO CLASSICAL 2DAYS
7月6日(土)下北沢SHELTER
FRONTIER BACKYARD / THE STARBEMS

SUN BURST 2013 SHIKO CHU BEACH ROCK FESTIVAL
7月20日(土)四国中央市寒川豊岡海浜公園ふれあいビーチ

rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
8月4日(日)国営ひたち海浜公園

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻