Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.8「カースティ・マッコール」

vol.8「カースティ・マッコール」

2013.05.28

kirsty-maccoll-they-dont-kn.jpg スターベムズの限定デビュー・シングル(お、こう書くとアイドルみたいだぞっ!?)FUTURE PRIMITIVE e.p.も好評いただいているオジサンのコラムが今月も登場! 来月にはデビュー・アルバムも控えてるので、今月も「温故知新なアーティストを現代に蘇生させるなら」な当連載も気合いを入れてお届け……いや、いつも気合い入れて書いてるんだけどね!
 今回は初の女性アーティストを取り上げます……その名もカースティ・マッコール。名前は知らなくとも、ちとPUNKカジった連中ならばザ・ポーグスの大名曲「ニューヨークの夢」でシェーンと美しいデュエットを披露している歌姫と言えばピンと来るかな? 英国フォーク界の重鎮イワン・マッコールの娘として成長した彼女は、やはり天才の遺伝子が受け継がれていたのか、元々ローカル・バンドのコーラスだったのに、その才能を見抜いたスティッフ・レコード(ダムドやエルヴィス・コステロを輩出)によってソロ・デビューを果たします。しかも作詞・作曲も自ら手掛け、自身の曲『ゼイ・ドント・ノウ』は後にトレイシー・ウルマンのカヴァーで世界的にも大ヒット!
 そうかと思うと英国ワーキング・クラスのフォークPUNX、ビリー・ブラッグの『ニュー・イングランド』をカヴァーしてヒットさせたり、前述のトレイシー・ウルマンのプロデュースやポーグスとのデュエットを始め、界隈のミュージシャンのフックアップまでこなす、まさにスーパー・ウーマン! 日本で例えるならユーミンや林檎ちゃんの感じに近いでしょうか? しかも当時の旦那さんはザ・スミス等のプロデュースで知られるスティーブ・リリーホワイト。その縁もあってかロバート・プラントやハッピー・マンデーズなど錚々たるメンツのレコーディングに参加し、その美声でバック・コーラスを務める等、人脈的にもまさに80年代英国音楽の中心にいた才女なのであります。しかし13年前……家族とバケーションで訪れていたメキシコでスキューバを楽しんでいた折、ボートに轢かれそうになった子供をかばって非業の死を遂げます……享年わずか41歳……。
 才能溢れるゆえに裏方的な仕事の方が評価を得てしまった、まさに無冠の女王とも言えるカースティ・マッコール。オールディーズ的な懐メロ感とニューウェーブなアレンジを合体させ、独自のギターPOPをクリエイトした彼女が、もし21世紀の現代に作品を出すなら……まずはアイドルのプロデュースでしょう! 俺でさえBiSに楽曲提供させて貰える昨今、競争や棲み分けが激化するアイドル戦国時代に、カースティの描く人懐っこいメロは女性Vo.との親和性も高いから同性からの支持もゲット必至。後に自身でカヴァーすれば、本物のクオリティにリスナーも圧倒されるハズ! 同性受けの悪い人は是非お試しあれ〜♪

 

HIDAKA.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!
http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD

限定盤(CD+DVD) DFCL-2008,09 / 3,200yen (tax in)
通常盤(CD)DFCL-2010 / 2,800yen (tax in)
6.05 IN STORES
※限定盤、通常盤ともに初回には特製アルバムステッカーが封入

ゲストミュージシャン
KYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、T.C.L、!!!KYONO+DJBAKU!!!)
Endy(GOOFY'S HOLIDAY)
笠原 健太郎(Northern19)
越川珠里 a.k.a DJ Princess Cut

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

THE STARBEMS 1st album release tour
“SAD MARATHON 2013″

7月8日(月)千葉LOOK
7月11日(木)仙台MACANA
7月13日(土)福岡CB
7月14日(日)岡山IMAGE
7月15日(月・祝)清水SOUND SHOWER ark
7月18日(木)名古屋アポロシアター
7月19日(金)大阪 十三ファンダンゴ
7月23日(火)渋谷CLUB QUATTRO
Shibuya CLUB QUATTRO 25th Anniversary “QUATTRO QUARTER”


THE STARBEMS “SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD”RELEASE IN STORE LIVE
「日高央45歳記念45分インストアLIVE!」

6月5日(水)タワーレコード渋谷店B1「CUTUP STUDIO」
19:00〜

スラッシュパイル5周年特別興行第ニ弾「共感百景」
6月15日(土)北沢タウンホール ※日高央出演

RAZORS EDGE PRESENTS STORMY DUDES FESTA!2013
6月22日(土)大阪心斎橋アメリカ村Pangea、AVENUE A、HOKAGE

FRONTIER BACKYARD NEO CLASSICAL 2DAYS
7月6日(土)下北沢SHELTER
FRONTIER BACKYARD / THE STARBEMS

SUN BURST 2013 SHIKO CHU BEACH ROCK FESTIVAL
7月20日(土)四国中央市寒川豊岡海浜公園ふれあいビーチ

rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
8月4日(日)国営ひたち海浜公園

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻