Rooftop ルーフトップ

COLUMN

l.7「デッド・オア・アライヴ」

vol.7「デッド・オア・アライヴ」

2013.04.28

 512upD-kACL.jpg この時期は花粉症に悩まされているであろう、全国のミュージック・ラヴァーズにお贈りする「温故知新なアーティストを現代に蘇らせる」コラム、今月もマンウィズに間違えられがちな日高が張り切って書いております! 何ってたってザ・スターベムズとしてのデビュー・シングル『FUTURE PRIMITIVE e.p.』が今月4/10に発売になるのですから〜! イェ〜イ、ドンドンドンド〜ン♪
 さて宣伝はこれくらいにしまして、いきなり今月のお題に挿入……あ、間違えた……突入。社会的にも経済的にも元気がない現代ではありますが、筆者が青春を過ごした80年代当時はバブル経済に煽られて、そりゃあ人々も世間も元気いっぱいだったわけですよ(詳しい社会情勢はググったり年配の方に聞いてみよう)。……で実はですね、経済が活発だった時代から今でも、変わらず元気に継続しているシーンが実はある訳です。それを参考にすれば、もしかしたら2013年も元気に過ごせるかもしれない……という事で、今回取り上げるのはDEAD OR ALIVE(デッド・オア・アライヴ)。そう、大きくくくると「お姉シーン」って、いつの時代も元気と勇気をくれるんですよ、これがっ!
 妖艶なルックスに野太い声のギャップが魅力の、Vo.ピート・バーンズ率いるユーロビート時代のビッグ・グループ、デッド・オア・アライヴ。ユーロビートの終焉と共に世間から忘れ去られたり、加えて近年はピートの美容整形失敗によるスキャンダルばかりが聞こえて来て寂しい限りなのですが、世界的大ヒット曲『ユー・スピン・ミー・ラウンド』は知らない人がいない超キャッチーな名曲だし、80年代のUKアーティストの特徴であるモータウンを踏襲したブラック・ミュージックの再構築も素晴らしく、特に『オール・マイ・キッシズ』等、もっと評価されててもおかしくない佳曲揃い。そもそも割りと二枚目だと世間的に思われていたピートが、楽曲の売上げを全て美容整形に注ぎ込んでしまったのも「子供の頃から自分のルックスに多大なるコンプレックスを持っていた」という、お姉シーン的には充分に理解出来る可愛い理由なの……あらやだ、私までお姉口調になっちゃった♪
 現在は開店休業状態にあるデッド・オア・アライヴだけど、現代に蘇らせるとしてもやっぱり! ユーロビート押しよ。四つ打ちキックさえ鳴ってりゃクラブ・ミュージック、みたいな風潮の昨今では、逆にもろユーロビートでも全然遜色ないと思うし、むしろ今の機材でちゃんと作り込めばドープでクールなアレンジになるわよ♪ ヘヴィROCKっぽいギターを足してもスクリレックスみたいでイケてるかも〜! そんで日出郎さんも所属する新宿2丁目の名門インディー<ズレヤマズレコード>からアナログとか出しちゃったら超ク〜ルじゃな〜い!? そして勿論、メイクや衣装はIKKOさんの手を借りてゴ〜ジャスに〜! あら、杉本彩先生にも協力して貰おうかしら♪
 

 

HIDAKA.jpg

ヒダカトオル
 1968年6月5日、千葉県生まれのB型。働きながらインディー・デビューした元リーマン・ロッカー。
 1997年BEAT CRUSADERS結成、2010年散開。BEAT CRUSADERSで活動中から数々の楽曲提供やプロデュースも行ない、木村カエラ、高橋瞳、メロン記念日ら女性陣のバックアップから、GOING UNDER GROUND、磯部正文等、男性アーティストのプロデュースを手掛ける。
 2010年10月にはMONOBRIGHTと結婚(電撃加入)、2012年離婚(脱退)。2011年には“A.O.R”をテーマにヒダカトオルとフェッドミュージックを結成、2012年岩手のイベントで有終の美を飾る。
 そして、2013年、新バンドTHE STARBEMSが始動!
http://www.thestarbems.com/
http://www.hidakatoru.com/

このアーティストの関連記事

THE STARBEMS
FUTURE PRIMITIVE e.p.

HICC-3669 / 500yen (tax in)
IN STORES NOW

amazonで購入

01. The Crackin’
02. No Reaction
03. Talkin''bout Lifetime

LIVE INFOライブ情報

JAPAN JAM2013
5月3日(金・祝)STUDIO COAST

SOUND CRUISING
2013年5月25日(土)GARDEN / SHELTER / DAISY BAR / ReG / BASEMENT BAR / THREE / ERA / FEVER / ReG CAFE / MOSAiC / 風知空知 / altoto / MORE / 富士見ヶ丘教会 / ほか

OTODAMA’13〜ヤングライオン編〜
6月9日(日)なんばHatch

THE STARBEMS 1st album release tour
“SAD MARATHON 2013″

7月8日(月)千葉LOOK
7月11日(木)仙台MACANA
7月13日(土)福岡CB
7月14日(日)岡山IMAGE
7月15日(月・祝)清水SOUND SHOWER ark
7月18日(木)名古屋アポロシアター
7月19日(金)大阪 十三ファンダンゴ
7月23日(火)渋谷CLUB QUATTRO
Shibuya CLUB QUATTRO 25th Anniversary “QUATTRO QUARTER”
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻