Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムTHE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴第二十一回「勝海舟の父、勝小吉のぶっ飛んだ少年時代」

十一回「勝海舟の父、勝小吉のぶっ飛んだ少年時代」

第二十一回「勝海舟の父、勝小吉のぶっ飛んだ少年時代」

2020.01.07

THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
 
 はい、2020年ですか。気づけばとんだ未来に来たもんですな。どんな1年になるのでしょうか、厄年なので不安半分、楽しみ半分。そして東京オリンピックですか。東京といえば江戸、江戸といえば江戸城、江戸城といえば無血開城、無血開城といえば勝海舟、勝海舟といえば親父の勝小吉、ということで今回は勝小吉さんにズームイン!
 
 勝海舟は幕末に渡米経験やいろんな人との交流を経て広い視野と先見性で江戸幕府を支えたり、海軍を作ろうとしたり、江戸の城と町を討幕軍の総攻撃3日前に西郷隆盛との会談で戦火から守ったりと有名かつキーマンでお馴染みですが、この親父、小吉さんがぶっ飛んでます。
 
 小吉さんは1802年、男谷(おだに)平蔵の三男として生まれます。早速、小吉さんの武勇伝は5歳から始まります。3歳年上の長吉くんと凧揚げしてて喧嘩になり、小吉さん、石を持って長吉くんをぶん殴り、唇をぶち破ります。長吉くん大出血、それを見てた父親・平蔵に「なに人様の子どもを傷つけるか!」と下駄で頭をカチ割られ、小吉さんも大出血。その後、ずっと頭の傷跡は残ったとか。まぁこれは小吉さんの武勇伝というか平蔵がやり過ぎエピソードか。
 
 6歳で貧乏旗本・勝家に養子に出された小吉さん。7歳の時に1対2、30の大喧嘩。普通に苦戦、岩場に追い込まれて竿でぶっ叩かれます。脇差を抜いて応戦しますが、もはやこれまでと腹を切ろうとします。が、近所のおっさんたちが止めに入ってうちに連れて帰ってくれました。この時の度胸に近所の子どもたちは小吉の手下になり、ガキ大将成立です。
 
 8歳の時はしょっちゅう喧嘩してたみたいで、8対4、50の喧嘩もかましてます。向こうは竹槍までも繰り出し、こちらも脇差を振り回し、もはや合戦です。多数のケガ人を出し、小吉さんは親父に叱られ30日間部屋に押し込められます。親父さんは「こいつは手に負えんが、ちゃんと武芸を習わせておこう」と道場に通わせて剣術や柔術を学ばせます。
 んである日のこと。柔術道場にみんな持ち寄りでうまい菓子を食おう会みたいな時、小吉を疎ましく思ってた道場生たちに帯で縛られ、天井から吊るされてしまいます。縛られてる下で美味そうに菓子を食うみんな。菓子も食いたいし、悔しいしな小吉。一矢報いたい小吉は、上から小便を菓子と奴らにぶち撒けて菓子を食えなくしてやりました。気合いが違いますね。
 
 絶えず喧嘩はやりまくり、12歳の時に学問をやりますが、勉強は全然やる気にならず、乗馬に夢中になります。喧嘩、剣術、乗馬はかなりの腕前になります。
 そして14歳の時。「こんな人生つまらん。上方(大阪のほう)に行って人生楽しく過ごそう」と家から7、8両(今の価値で30万円くらいでしょうか)を盗んで家出。箱根手前の小田原に泊まってた時、2人組に「関所の手形持ってんの? 持ってないなら小銭で代行してやるで」と関所の意味もわかってなかった小吉さんは小銭を渡して2人組に関所を通してもらいました。いい人もいるもんだ、と2人と一緒に旅することにしました。しばらく経って、浜松で寝てる時に2人組に身ぐるみ剥がされ、金も全部持ってかれました。
 文字通り裸一貫の小吉さん。同情した宿のオヤジがヒシャクをくれて、それに小銭を入れてもらって伊勢神宮でも参って来ればいい。と乞食をやりながらの伊勢詣でを提案。実際そうすると、世間は意外と捨てたものではなく、小銭を稼いで伊勢詣で。そこで乞食をしばらくして「やっぱ江戸に帰ろ」と来た道を戻ります。静岡辺りで馬の練習をしている14、5人の侍を見かけます。そして小吉さん、まさかの「めっちゃ馬下手だな、てめぇらwww」と指差して爆笑。当然、速攻でボコボコにされます。しかし「下手を下手って言って何が悪い!」とボコボコの顔面でさらに悪態。
 すると40代くらいの侍が「そんなに言うなら乗ってみろ!」と言うので襦袢(じゅばん)1枚で馬に乗ってみせました。颯爽と乗りこなす小吉さん。「この乞食、もしかしたら侍の子じゃなかろうか」と40代くらいの侍。さらに「宿がないんだろ、うちに泊まれ」と小吉を自邸に招いてくれました。そこで美味しいご飯を頂き、風呂にも入れてもらって、奥方に髪を綺麗にしてもらったそうな。服まで用意してもらって、そこで1週間、子どものように可愛がってもらったんですと。
 
 と、まぁワンパク小吉さん。14歳の家出からまだ戻ってませんが、続きはまた来月! この家出旅、この後に一大事が起こります。
 
挿絵:西 のぼる 協力:新潮社
 
このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • レズ風俗キャストゆうの 「寝る前に、すこし話そうよ」
  • 月刊牧村
  • 「LOFTと私」五辺宏明
  • 絵恋ちゃんの ああ えらそうに コラムが書きたい
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻