Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムTHE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴第十四回「我が原風景の呉にほったらかしだった艦艇たち」

四回「我が原風景の呉にほったらかしだった艦艇たち」

第十四回「我が原風景の呉にほったらかしだった艦艇たち」

2019.06.10

 はい、こんにちわんこそば、と。

 こないだ5月の中旬に『風とロック』の公開ラジオ収録で広島県呉市に行ったのですよ。呉は昨年の豪雨災害で大きな被害が出たとこでもあり、今回の収録は意義があったものになったと思います。

 なんで私がその呉での収録にゲストで呼ばれたかと申しますと、広島県出身だからかと思われます。さらに呉は父方の祖父母宅があるということで、小さい頃からよく遊びに行ってました(呉といっても音戸大橋を渡って行く倉橋島というとこですが)。

 というわけで、呉にはすごく思い入れがあるんです。今年2月に武道館終わってオフもらってまず行ったのが呉のじいさんばあさんちでしたな。んでそん時にいろいろ話を聞いたんです。自分ちの成り立ちの話やら、太平洋戦争の頃の話まで。

 呉という所は入り組んだ瀬戸内海の街で、明治時代から日本海軍の拠点として、そして造船の拠点として発展してきました。向かいの江田島には海軍の士官を養成する海軍兵学校もあり、日本海軍の最重要拠点とも言える軍港です。さまざまな軍艦が造られましたが、一番有名なのは戦艦大和ですね。

 そんな明治時代から発展した呉ですが、太平洋戦争も後半になってくると、当然侵攻してきたアメリカからの最重要攻撃目標になりますね。大規模な空襲が昭和20年(1945年)に複数行なわれます。大戦末期の日本海軍は燃料も満足にない状況で、生き残ってる艦艇も満足に動けません。3月の空襲ではいろんな艦艇と市内に被害が出ます。さらに呉の海域から艦艇が出れないように機雷を撒かれて身動きがとれなくなります(戦艦大和は少し離れたとこに退避していて封鎖は免れました。4月に沖縄に特攻して沈没)。

 そして7月後半にも複数回にわたって大空襲を再度受けます。ほぼ燃料もなく、3月の空襲で被害を受けている艦艇多数。どうにか目立たないように陸地や島々に艦を寄せて迷彩を施し、艦橋に網を張り木々を散らしたりしてカモフラージュしてなんとか浮き砲台として抵抗しますが、全然アメリカの攻撃機にバレてしまいます。飛ばす飛行機もない空母はがんがん爆弾を食らって沈みます(と言っても軍港は艦が完全に沈みきるほど水深が深くないので着底という状態になります。深度が浅いので魚雷攻撃ではなく爆弾なんですな)。

 このとき呉に残ってる戦艦は、榛名、伊勢、日向の3隻のみで(日本海軍で基本的に軍艦は空母、戦艦、巡洋艦に分類されて駆逐艦や潜水艦等は艦艇に含まれる)、戦艦だけあってサイズがデカい。当然狙われます。て言うか動かない良い目標です。各艦必死の対空戦闘を行ないますが、爆弾はどんどん命中。伊勢は7月24日の空襲で艦橋に直撃弾を受けて艦長以下艦の主要指揮官20名以上が戦死し、艦長代理がどうにか艦をドッグに曳航しようとしましたが、28日の空襲でさらに爆弾多数を受け大破、着底。戦死573名。このとき主砲の36センチ砲に対空用の三式弾を装填したまま空襲が終わりました。しかし戦艦の主砲弾は発射しない限り取り出せません。ほっとくと発生してる火災等で誘爆の可能性があります。というわけで36センチ二番砲塔は敵が去った空に向かって射撃します。これが日本海軍の戦艦が放った最後の主砲弾になります。

 

1.PNG

戦艦日向(1946年5月頃)

 日向も7月24日の空襲で艦長以下204名が戦死、26日に大破着底。榛名は3月、6月の空襲の時点で多数の爆弾を受けてますが、7月の空襲でも激しく対空戦闘を仕掛けます。が、多数の爆弾を受けて大破着底。余談ですが、この対空戦闘で榛名は2機のB24を撃墜します。2機の乗務員は捕虜になり、尋問で東京に送られた機長以外は広島に送られます。そして8月6日の原爆で全員被爆死するという悲劇が起こります。

2.PNG

戦艦伊勢(主砲が空を向いている)

 戦艦3隻と多数の艦艇は呉や倉橋島、江田島付近に着底した状態で終戦。

 ここでじいさんばあさんに聞いた話に繋がってきます。当時、10代後半だったじいさんばあさん。当時のことを覚えてるんですね。「伊勢は音戸の渡子〈とのこ〉のとこにずっとほったらかしでの〜」「原爆のキノコ雲は倉橋からも、はっきり見えたで〜」とか当時の話をいろいろ聞かせてくれました。

 終戦後も着底した艦艇はどうしようもなくしばらくほったらかしだったようです。この放置された艦艇たちの写真や映像はけっこう残ってるので皆さん見てみてください。なんとも言えん気持ちになります。巨大な鉄クズに成り果てた艦の背後に見える美しい瀬戸内海の島々や穏やかな海。

 戦争が終わって1年後の1946年の春が過ぎたあたりから徐々に解体されて、艦艇たちの鉄は溶かされ、戦後復興の一部になったようです。日向の解体が終わったのは1947年7月。戦争が終わって2年が経ってます。

 自分にとっての原風景、呉、倉橋島。今でもたまに帰ると「ここに戦艦や空母、巡洋艦たちがほったらかしで波に洗われてたのか」と想像してしまいます。

 いろんな気持ちになれるし、綺麗でなんかロマンチック、でノスタルジーな街、呉に皆さんぜひ行ってみてください!

 

 

3.PNG

戦艦榛名

挿絵:西のぼる 協力:新潮社

このアーティストの関連記事

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo