Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムTHE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴第九回「戦国武将たちの豪快でトリッキーな酒豪伝説」

回「戦国武将たちの豪快でトリッキーな酒豪伝説」

第九回「戦国武将たちの豪快でトリッキーな酒豪伝説」

2019.01.17

 ちーす。あけおめっす。年末年始と皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。きっとあれですね、バカみたいに酒ばっか呑んでたんでしょうね。ってことで、今回は戦国時代の酒にまつわる話にしましょー!
 
 まずは織田信長さん。イメージでは酒呑んで暴れるタイプですよね。でも実際はそんな酒呑んでなかったみたいです。下戸説もありますが、酒宴は好きだったみたいですね。宣教師が持ってきたワインを日本で初めて呑んだ、なんて話もあります。
 あとトリッキーなエピソードとしては、同盟関係にあった浅井長政に裏切られて大ピンチを負ったことがあった信長さん、総力を挙げてリベンジ、浅井親子と朝倉さんをやっつけます。翌年の宴会の時に「いい肴があんぞ!」と箱を3つ用意。パカーンとオープンした箱には金色の頭蓋骨が3つ。浅井親子と朝倉さんの頭蓋骨に漆を塗って金箔を施した代物でした。これを愛でながら宴会を楽しんだようです。趣味がいいですね! 一説には頭蓋骨を盃にして酒を呑んだ! なんてのもありますが、これは創作では、とのことらしいっす。
 
 続いては酒豪伝説の方。上杉謙信さんです。越後の虎と怖れられた戦の天才ですね。この人はリアルに酒呑みだったみたいです。派手に宴会タイプではないらしく、数人かソロで縁側で月を見ながら渋くキメてたとか。まぁ常に酒呑んでたみたいで、戦地に向かう馬の上でも酒が呑めるように馬上盃を作ってヤッてたんですと。それも直径12センチもあるどんぶりサイズだったとか。どんだけ〜〜!!
 慢性的に呑んでたので、アルコール依存症だったのでは?説も有力です。んで酒の肴が梅干しとか味噌が多かったらしく、塩分を摂り過ぎたんでしょうな、49歳の時に便所で脳出血を起こして亡くなります。
 
 はい、次の呑兵衛さんは、母里太兵衛〈ぼりたへえ〉さん。この人は黒田官兵衛の家臣です。まさに豪傑といった体格の良さと存在感の武士で、酒も豪快に呑むタイプだったようです。
 ある日、官兵衛さんから伏見にいる福島正則さんにお使いを頼まれます。酒でやらかすこともあった太兵衛さん。「福島正則は酒乱だから、あいつにそそのかされて呑んで揉めたりしたらダメなんで酒呑むなよ」と官兵衛さんから言われてます。福島さんちに着いた太兵衛さん。案の定、福島さんバリバリ呑んでて絡んできます。
 「おめぇ、結構酒呑むらしいじゃんw うちでも呑んでけよw」。しかし太兵衛さん「いえ、結構でございます」。すると福島さん「ダセー!! 黒田家ダセー!! 酒全然呑めねぇんじゃんw」と。「黒田家を馬鹿にされたらそれは引けません」「じゃあこの大盃の酒一気なw まぁもし呑めたら欲しいもんなんでもやるわw」とグイグイ絡んできます。3升は入ろうかという大盃。
 すると太兵衛さん、「じゃあ呑めたらその槍ください」と指さしたのは「日本号」と呼ばれる天皇家から織田信長、豊臣秀吉、からの福島さんが拝領した天下三名槍です。「お、おぅ…まぁ呑めんだろ! 呑めたらくれてやるわい!」と福島さん。からの速攻呑み干してしまう太兵衛さん。福島さん、酔ってたはずなのに顔面蒼白。「ほな明日、槍を取りに来ますけぇ!」と太兵衛さん、本当に翌日、槍を取りに戻ります。一夜明けて酔いも覚めた福島さん、「あ、あの…マジで持ってくの…。冗談だよね…?」とあがきます。「武士が約束を守らない、その程度の男なんですね、福島さんは!」と太兵衛さん。「…いや! 持ってけや!!」
 こうして本当に日本号をゲットした太兵衛さん。このエピソードがもとになって「黒田節」という唄になって歌い継がれてますね。この日本号は現在も福岡市博物館に展示されてます。豪胆ですね〜。太兵衛さんもすごいけど、実際譲った福島さんもやはり豪傑ですね。
 
 てなわけで、今回は戦国酒エピソードでお送りしました。みなさんも(特に俺)お酒で調子こきすぎないように穏やかな日々をお過ごしくださいませ。では御機嫌よう。
 
挿絵:西 のぼる 協力:新潮社
 
このアーティストの関連記事

ニュー・アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』

絶賛発売中
¥3,300+税 / VICL-65060〜65061

 アニバーサリー作品第3弾として、インディーズ時代にリリースした名盤3作品『何処へ行く』(1stミニ・アルバム)、『風船』(1st シングル)、『甦る陽』(2ndアルバム)収録の全21曲のレコーディングを改めて行ない[再レコーディングを行ない既発済の「冬のミルク」(2008年1月)、「ザクロ」(2013年9月)、「桜雪」(2013年9月)、「無限の荒野」(2017年10月)、「泣いている人」(2017年10月)以外の16曲は、すべて今作のための新録音源]、時を超え生まれ変わったニュー・アルバム。

LIVE INFOライブ情報

THE BACK HORN 20th Anniversary
『ALL TIME BESTワンマンツアー』〜KYO-MEI祭り〜
1月11日(金)桜坂セントラル
1月13日(日)鹿児島CAPARVO HALL
1月19日(土)台湾・THE WALL 公館
1月31日(木)福岡DRUM LOGOS(振替公演)
2月8日(金)日本武道館(ツアーファイナル)

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo