Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムTHE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴第八回 戦国武将たちの愛憎渦巻く家族殺しエピソード

回 戦国武将たちの愛憎渦巻く家族殺しエピソード

第八回 戦国武将たちの愛憎渦巻く家族殺しエピソード

2018.12.18

 はいどうも! 秋から冬って感じな季節になってきました。今回は戦国時代にイッてみましょう!
 戦国時代といえば下克上、裏切り裏切られ、愛憎渦巻く弱肉強食の社会ってイメージじゃないすか。そうなんです。家来や主人だけでなく、家族すら時には敵になる時代。てなわけで今回は、戦国時代の家族殺しにズームイン!
 
 有名な武将にもけっこうあるんです、家族殺しエピソード。まずは織田信長さんの殺し話から。信長さんは若い頃「うつけ者」(バカな格好したり、言動行動がトリッキーみたいな)キャラだったじゃないですか。親父が死んだとき葬式で位牌に焼香の灰をぶちまけたりとか。そんでも織田家の当主になっちゃうんです。けどその奇行が収まるでもなく、周りの家臣たちが「このまんまじゃ織田家ヤバい!」てなってきてまじめな弟の信行さんを擁立して反乱を起こすんです。しかしうつけ者のはずの信長さん、見事な指揮であっさり反乱軍を鎮圧。信行さん捕まります。が、信長さん意外と許しちゃうんですね〜。
 けど信行さん、1年後にまた反乱を計画します。けど、こん時はその情報が信長さんにバレます。逆に信長さんが「病気だから見舞いに来て、ゴホゴホ」と信行さんを城に呼びます。信行さんはまだ計画中のことがバレてるとは知らないのでノコノコ城に行きます。んであっさり信長さんにぶっ殺されてしまうんですね〜。信長さん、2回目は許さないんですね。
 
 お次の有名人さんは徳川家康さん。家康さんは信長さんと同盟を組んでいる時代に息子さんをやっちゃいます。これはですね、家康さんの嫁はんがですね、織田徳川の敵・武田さんと裏で繋がってる、なんて噂が立ちまして。この嫁はん、もともと今川さん関連の娘さんで、今川さんを信長さんに討ち取られてしまって、織田が嫌いだったみたいなんすよ。で、反信長勢力について、息子の元康もそこに絡んでる、って噂が立っちゃったんです。それが信長さんにバレて、同盟とはいえ信長さんのほうが家康さんより上に立ってるのは明白な関係性。家康さんに「あんたんとこの嫁と息子、ちょっと許せんわ。みなまで言わずともわかるな?」と家康さんに迫ります。家康さんは激悩みに悩みますが、「織田との関係が続かないと徳川はぶっ飛ぶ…」と嫁はんを暗殺、息子の元康さんに切腹を命じます。辛すぎる決断ですね。
 これには説があって、信長さんにはボンクラな子どもしかいないのに、家康さんとこの元康は有能、自分たちの代が終わったら後々厄介なことになるからイチャモンつけて切腹させちゃお!説です。戦国っぽいですね〜。
 
 続いては親父、弟をやっちゃった系武将、伊達政宗さんです。独眼竜で有名な政宗さん。ちっちゃい時に天然痘で右目が飛び出ちゃって、それを切り落として片方だけの眼でのし上がった人です。正直片目であることを気味が悪いと実の母親から疎まれてました。でも父親の輝宗さんは政宗さんの才能を評価、若くして家督を譲ります。ほんでしばらくして事件が起こります。
 伊達家に楯突いていた二本松の畠山さん、政宗さんとの戦に屈服、服従することに。んで挨拶に行きたい、と伊達の城に来ることに。そんとき政宗さんは狩りに出てて、父親の輝宗さんが対応すると。ここで畠山さん暴挙に出ます。輝宗さんを拉致、そのまんま自分の領土に人質として連れてこうとします。緊急の報告を受けた政宗さん御一行、ダッシュで追いかけます。ほんで国境寸前で追いつきます。そっちに連れ込まれたら畠山さんの拉致成功、政宗さんテンパります。そこで輝宗さん、「俺ごと鉄砲で撃っちゃえ!」と絶叫。政宗さん御一行、輝宗さんごと畠山さんたちを撃ち殺します。
 修羅場をくぐった政宗さん、それから数年、一生懸命領土を広げて頑張ります。が、政宗さんをキモいと疎んでいる実母の義姫さん。政宗の弟、小次郎くんをクソ可愛いがり、小次郎が伊達家を継げばいいと実の息子・政宗さんを毒殺しようとします。飯を食って毒に気づいた政宗さん、解毒剤を飲んでギリセーフ。疎まれてるけど政宗さんはオカンが好きです。切ない。オカンをこの場合殺すとこですが、小次郎くんをぶっ殺します。「お前がいなかったらこんなことにはならなかった。オカンも変な気を起こさんかった」と斬殺。切ないですね。こうして政宗さんは父親も弟も殺してしまうことになったんですね。いや〜、戦国っぽいですね〜。
 
 他にもまだまだある戦国武将の家族殺し話。ですが! 文字数もあるのでこの辺でメリークリスマス!
 
挿絵:西 のぼる 協力:新潮社
このアーティストの関連記事

ニュー・アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』

絶賛発売中
¥3,300+税 / VICL-65060〜65061

 アニバーサリー作品第3弾として、インディーズ時代にリリースした名盤3作品『何処へ行く』(1stミニ・アルバム)、『風船』(1st シングル)、『甦る陽』(2ndアルバム)収録の全21曲のレコーディングを改めて行ない[再レコーディングを行ない既発済の「冬のミルク」(2008年1月)、「ザクロ」(2013年9月)、「桜雪」(2013年9月)、「無限の荒野」(2017年10月)、「泣いている人」(2017年10月)以外の16曲は、すべて今作のための新録音源]、時を超え生まれ変わったニュー・アルバム。

LIVE INFOライブ情報

THE BACK HORN 20th Anniversary
『ALL TIME BESTワンマンツアー』〜KYO-MEI祭り〜
12月08日(土)福岡DRUM LOGOS
12月15日(土)なんばHatch
12月16日(日)広島クラブクアトロ
12月21日(金)水戸LIGHT HOUSE
12月23日(日)仙台Rensa
2019年2月8日(金)日本武道館(ツアーファイナル)

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
haku
lpo
lpo