Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムTHE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴第六回 一人の下級武士が「長篠の戦い」の分け目を変えた

回 一人の下級武士が「長篠の戦い」の分け目を変えた

第六回 一人の下級武士が「長篠の戦い」の分け目を変えた

2018.10.12

_001.JPG

 

 ちょりーす! 今回が6回目ですか? この『歴史のふし穴』。ちょうどこの号が出る頃、我々THE BACK HORNがワンマンとしては10年ぶりに新宿LOFTのステージを踏んでるわけですね! こういうのもある意味、歴史ですよね〜。

 はい、てなわけで今回は「この人がいなかったらあの有名な合戦もだいぶ様子が違ったのでは!?」という人のことを書いてみたいと思います。

 時は戦国、天正3年(1575年)。

 と書けば9割強の方が「ああ、長篠の戦いね」と察する通り、それです。あの織田、徳川連合軍が鉄砲隊を駆使して武田の騎馬軍団を打ち破ったのでお馴染みのやつです。

 そもそもなんで長篠で戦があったか。

 それはですね、当時、徳川方についてた奥平さんの長篠城に武田信玄の死後、武田家を継いだ武田勝頼が攻め込んだからです。武田勢15,000人に対して奥平さん、場内に500人だけっす。いくら川に挟まれた断崖絶壁の城、長篠城でもやばいっす。しかも囲まれてすぐ武田勢の攻撃で長篠城の食糧庫が燃えちゃいます。まじやばいっす。飯ないと持久戦ができないですからね、奥平さん。もってあと2、3日かと。この絶対絶滅の時に現れたのが今回の主役です。

 鳥居強右衛門〈すねえもん〉。

 下級武士だった強右衛門。このピンチの時、奥平さんに「自分、徳川の援軍呼んできます。泳ぎも得意なんで、この包囲網かいくぐって岡崎城に行ってきます!」と立候補。とにかくもう時間がない奥平さん、強右衛門に賭けます。

 そして城の排水路から川に出て武田勢の目をかいくぐり、強右衛門、城外に脱出。ここで「脱出成功!」の狼煙〈のろし〉を上げて城内に知らせます。城内もこれに沸きますわな。

 からの岡崎城までの65キロをダッシュ。疲労困憊の強右衛門ですが、そこで見たものはなんと織田の援軍と、徳川軍38,000!

 「やべぇ! めちゃ頼もしい!! …けど、この大軍と一緒に城に向かってたら時間かかっちゃうな。いち早く長篠城にこの状態知らせんと、あいつら持ち堪えれんな!」と強右衛門さん。またダッシュで長篠城方面に報告に向かいます。まじ鉄人。元祖トライアスロン。そして城が見えるところからまた狼煙を上げます。2回目の狼煙は「援軍来るで!!」の合図と決まってたので、城内はまた沸きます。

 ここで武田さん。さすがに2回も狼煙上がって城内沸いてるのでなんかおかしい。と周辺を捜索。そして強右衛門、捕まっちゃいます。

 勝頼さんの前に強右衛門が引っ立てられます。そこで武田方の尋問で「援軍来たる」ってことを吐いてしまった強右衛門。すかさず勝頼さん、「やっぱ援軍来ないです。万事休すです。…って城内に聞こえるように叫べ。そしたら武田家に厚遇で迎い入れてやんよ」と。仕方ない、と了承する強右衛門。ほんで長篠城から丸見えの所に連れていかれます。そして強右衛門、叫びます。

 「織田、徳川の大軍が援軍で来るぞ!! みんなそれまでの辛抱じゃ!! もうひと頑張り!!」

 と。城内はこれで援軍が来ることを確信。士気がワッと上がります。

 一方、激怒した勝頼さん。城から見えるとこで強右衛門を磔の刑に処します。しかし強右衛門さん。この死に様を見とけ! と言わんばかりの堂々とした態度で槍をガツガツ突かれます。これを見た城内の兵は余計に奮起。勝頼さんとしてはいろいろ誤算です。

 結果、城は落とせず、少しして到着した織田、徳川連合軍は設楽原〈しだらがはら〉に陣を構え、さらに騎馬隊対策で馬防柵を建て、軽く堀まで掘って武田勢を待ち構えるのです。城も落とせず、背後に陣まで敷かれて行き場のない勝頼さん。織田、徳川連合軍に突撃するしかなく、鉄砲隊の餌食となり大敗するのです。

 もし、強右衛門が「援軍まもなく来る!」を伝えられなかったら、城は間違いなく落城していたことでしょう。そうなると織田、徳川も優位な位置に布陣も出来ぬまま、歴史的「長篠の戦い」も違ったものになったのでは。それは一人の下級武士が作った歴史だったのです。

 ちなみに強右衛門の一族はその後代々徳川方の家臣として重用され、江戸が終わるまでしっかり武士として仕え、現在まで脈々と続いているそうですよ。

 あと、敵なのにその死に様があまりに立派! リスペクト! と武田家の家臣がその磔になった強右衛門を旗印にするという武士の胸熱エピソードも残ってます。

 長篠城跡は現在もその要害を感じれるので城散策もおすすめです(半分以上サバイバル気分も味わえます)。

(挿絵:西 のぼる 協力:新潮社)

このアーティストの関連記事

ニュー・アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』

2018年10月17日(水)発売
¥3,300+税 / VICL-65060〜65061

LIVE INFOライブ情報

THE BACK HORN 20th Anniversary
『ALL TIME BESTワンマンツアー』〜KYO-MEI祭り〜
10月01日(月)新宿LOFT
10月05日(金)札幌ペニーレーン24
10月13日(土)盛岡Club Change WAVE
10月14日(日)KESEN ROCK FREAKS
10月19日(金)浜松窓枠
10月21日(日)米子AZTiC laughs
11月08日(木)京都磔磔
11月10日(土)金沢EIGHT HALL
11月11日(日)長野club JUNK BOX
11月17日(土)高松MONSTER
11月18日(日)高知X-pt.
11月30日(金)名古屋ダイアモンドホール
12月08日(土)福岡DRUM LOGOS
12月15日(土)なんばHatch
12月16日(日)広島クラブクアトロ
12月21日(金)水戸LIGHT HOUSE
12月23日(日)仙台Rensa
2019年2月8日(金)日本武道館(ツアーファイナル)

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
haku
lpo