Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムザッツ団地エンターテイメン棟第十二回「わたしと団地の薄い思い出」今月の団員:山内マリコ

二回「わたしと団地の薄い思い出」今月の団員:山内マリコ

第十二回「わたしと団地の薄い思い出」今月の団員:山内マリコ

2013.09.24

団地団が団地に対する偏愛をリレー形式で掲載していくコラムです。
団地団とは:大山顕、佐藤大、速水健朗、今井哲也、久保寺健彦の団地好きによるプロジェクト

今月の団員:山内マリコ

 小学生のころは通学路が人生のすべてだった。朝は2歳上の兄の後ろをちょこまか付いて歩き、帰りはクラスメイトと途中まで一緒だが、家が学区の端っこにあるため、最後は必ず1人になってしまう。とくに団地の子たちが、家族ともただの友だちとも違う独特の結束のもと、ひとかたまりになってわいわい言いながら去って行くと、あとはもうトボトボ自分の足でも見ているしかない。街路樹の根元に咲くハルジオン、ぺしゃんこに潰れた空き缶、小石……。きっといま頃みんな、誰かんちに集まってファミコンでもやってるんだろうな。下校のときは大抵しょぼくれた気持ちになった。
 

danchi01.jpg

活きのいい小学生男子たちが帰って行ったあこがれの団地も、いまや老朽化&高齢化の波が。北陸なので空がどんよりしているのはいつものことです。


 小6のときの親友は、団地というか小さなアパートに住んでいた。母子家庭で暗くなるまでお母さんが帰ってこないため、授業が終わるとその子の部屋に直行し、入り浸るようになった。夕方のラジオ番組にリクエストの電話を入れたり、少女漫画を読んだり。小学生の長い長い放課後、そこは子供だけの王国だった。なんかもう住めそう、というか、1日中いても良さそうな気になってくる。申し合わせて学校をサボることに決め、食料のベビースターラーメンだけランドセルに入れて彼女の家に行った。するとその日に限ってなぜか「お母さんが家にいる」と、友だちは血相を変えて言う。計画失敗! ベビースターラーメンしか持っていないため学校にも行けず、一旦家に帰るという機転も利かず、2人はまるで捨て猫みたいに住宅街をうろついて、探しに来ていた教頭先生に見つかってお縄となった。
 

danchi02.jpg

空き部屋も多そう。洗濯物もステテコ率高め。一時は取り壊しの危機だったそうだけど、耐震工事が行われることで決着したとのこと。

 中学時代の親友は正真正銘の団地に住んでいた。共働き家庭のひとりっ子だからか、それともAB型だからか、彼女はどこかつかみどころのない性格だった。水槽でイグアナを飼い、福山雅治の大ファンで、学校で手紙を交換すると銀色夏生の詩の一節が書き添えられていて、その引用がまたハッとするほど良かったのを憶えている。うちから徒歩30分近くかかるその団地にも、けっこう遊びに行った。記憶の中ではそこはいつも冬で、薄ら寒く、日が暮れて真っ暗だ。
 

 小6のときの親友も、中学時代の親友も、みんなもう団地には住んでいない。団地は人生の——というか核家族の、中継地点。あれから20年近くが経ち、わたしの中に団地へのぼんやりしたあこがれだけを残して、みんなどこかに行ってしまった。
 

danchi03.jpg

1階部分はテナントで商店街になっているけれど、数年前にはスーパーも撤退…。車道の交通量は多いけど、人通りは閑散としてます。わたしももう何年も歩いていない。


 団地へのぼんやりしたあこがれは『耳をすませば』のせいで強化され、数年前に開催された第1回団地団のイベントに行ったりもし、そんなわけでこのたび団員となることになりました、山内マリコです。なにしろぼんやりしたあこがれなので、高島平にも行ったことありませんが、どうぞよろしくお願いいたします!
 

danchi-coverobi_web.jpg

団地団〜ベランダから見渡す映画論〜
著者:大山顕、佐藤大、速水健朗
定価:1,995円(税込)
判型:A5判
ページ数:208
発行元:キネマ旬報社

 

団地団プロジェクトTwitter
http://https://twitter.com/danchi_books

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

 

「団地団夜 秋の団地祭 上京編。」
10月14日(月)阿佐ヶ谷ロフトA

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV. 1,800 / DOOR 2,000(共に飲食別)
団地団 are
佐藤大(脚本家)/ 大山顕(写真家)/ 速水健朗(ライタ—)/ 今井哲也(漫画家)/ 久保寺健彦(作家)/ 山内マリコ ※NEW!
●ビギナーの貴方に
 団地団とは2010年12月、新宿ロフトプラスワンのトークイベントで結成。メンバーが、それぞれの立場から、映画、マンガ、アニメなどに登場する団地について深く考察して大放談を繰り広げ、毎回大好評を博しています。話題は団地の美観や構造に対する偏愛にとどまらず、団地登場作品の演出論から大衆文化論、果ては都市論や郊外論にまで飛び火。知恵熱必至の知的エンタテインメントです。トークイベントは不定期で継続開催中!

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo