Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムアーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生第八十五回 「大人になり知る世界」

十五回 「大人になり知る世界」

第八十五回 「大人になり知る世界」

2019.10.07

 幼少の頃、大好きだったモノ。
 思春期あたりでいったん離れ、成人した頃は忘れ、そしてさらに大人になりふとした瞬間に思い出し出戻ることってありませんか?
 三つ子の魂的なアレってあると思うのですが、人間的にも年齢の数字的にも大きくなった私が思うに、昔好きだったものはそれにまつわるものすごいトラウマを抱える出来事が起きない限りはずっと好きです。
 私にとってのソレはずばり、『美少女戦士セーラームーン』。令和になり、さらに顕著にセーラームーン世代かプリキュア世代かでほんのり年齢がバレてしまうことで有名なあの大人気漫画・アニメです。
 語り出すときりがないのですが、セーラームーンを読み返した(漫画)・観直した(アニメ)ことによって子どもの頃には気づかなかった「良さ」がたくさんあったのです。
 
 私は声を大にして言いたい、セーラームーンはいいぞ、じゃなくて、若い頃好きだったモノは絶対に一度は大人になってから振り返ってみたほうが良いと。
 人生において14歳で一番聴いた音楽がその後の音楽の好みを形成するだとか、23歳で新しいファッションへの興味、35歳で新しい音楽への興味がなくなるとか言われておりますし、私たち自身の新しい音楽と言うか新曲を作っても昔の曲をやってほしいという声に悩まされているけれども、それらをぐっと飲みこんでもう一度好きだったものを見直してほしいな〜と思ってしまうほどセーラームーンは良いです。
 
 やはり主人公は何のために存在するか? 理論で主役が一番カッコ良くないと! と思いますし、一番人気が出るようなデザインになっているのも頷けるのですが(エヴァでは初号機が好きです)、幼い頃はセーラームーンに夢中になるのと同時にマーズも好きでした。赤いハイヒールが大人っぽくて憧れました。今、赤いハイヒールを履いて唄っているのも絶対に少なからず無意識の影響を受けていると思います。
 
 しかし当時、信じられないことに私はヴィーナスがあんまり好きなキャラではありませんでした。それには明確な理由があって、「セーラームーンが戦士として覚醒するより前にセーラーVとして活躍していた(しかも人気者だった)」、「最初の登場の時、敵からの目くらましが目的だったのだけどプリンセスを名乗っていた(子どもにはなんで嘘ついてたの? としか思えなかった)」、「髪の色がムーンと被っている」などの理由により、「どうして主役より目立とうとしているの?」と子ども心にヴィーナスへの嫉妬もあり好きになれませんでした。
 
 が! しかし大人になり原作とアニメを見返すと、ヴィーナスのプリンセス・クイーンへの忠誠心の素晴らしさに心の底から感動いたしました。まだ完全に覚醒していないプリンセスをお守りするために自分が身代わりになろうとしたことを恥ずかしながら理解させられたし、命を捧げたたった一人の人としてプリンセスのために身を粉にする姿…。
 そしてマーズと共に原作ではこう発言しております。
 「──そうよ だからあたし達 男なんかお呼びじゃないのよ…悪い?」
 
 ヤバない?(語彙力)
 
 なぜこの尊さに当時気づかなかったのか、いや、子どもにこの尊さを理解させるには無理があるよな〜と今となっては思うのです。
 音楽にも同じことが言えます。昔聴いていた音楽をだいぶ大人になり、なんならプロのミュージシャンになった今聴き返すと聴いたことのないような音が聴こえてきたり、絶妙なコード進行に驚いたり、歌詞の解釈が多面的になったりで、新しい発見がたくさんあります。
 
 そして再確認・想いが再燃します、「やっぱり…好き!!!!」
 
 大人になりお金も手にした私たちは、こうして課金沼にハマっていくのです。(完)
 
 
このアーティストの関連記事

Original 3rd Album
BLIND LOVE

Produced by 角松敏生
2019年7月3日(水)発売・ハイレゾ配信
2019年6月19日(水)通常デジタル配信
ユニバーサルミュージック UPCY-7592

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

令和零時のアーバンギャルドツアー〜0=0=0=0〜
2019年10月26日(土)横浜BAYSIS
2019年11月1日(金)名古屋ell.FITS ALL
2019年11月2日(土)岡山PEPPERLAND
2019年11月4日(月・祝)大阪JANUS
2019年11月10日(日)渋谷CLUB QUATTRO
 
*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • ISHIYA 異次元の常識
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo