Rooftop ルーフトップ

COLUMN

十三回「百合」

第八十三回「百合」

2019.08.04

 どうもみなさま、艶やかに華やかに人生を謳歌しておりますか?

 わたくし浜崎容子の強力なヲタ、もしくは強めのヲタ、もしくはそこそこ好きな人は周知の事実だと思いますが、知らない人ももちろんたくさんいらっしゃると思うし、多分このコラム『バラ色の人生』で書くのは初めて? かな?(担当の椎名さーん、初めてでしたっけ?←編注:初めてです)

 まぁ私はいわゆる「バイセクシュアル」というやつで、男性も女性も同じように恋愛感情を持つタイプのセクシュアリティです。

 去年だったかな。まずは所属バンドのアーバンギャルドのファンクラブの人たちに向けてカミングアウトしました。その後、吉田豪さんの『豪の部屋』という番組でもハッキリとカムアウトしましたね。

 そこからは全然隠していないんですけども、いわゆる「性自認」というのは強く強く、女だと思っております。女であったことに生まれてこの方、違和感は全くありません。できるだけ普段はスカートよりジーンズなどのユニセックス系の服装がしたいというのはありますが、ステージに立つ時に華美な衣装を着ているのでその反動もあるだろうし、そんなこと(服装)は自分にとってすごく小さなことだと思ってます。私の中ではね。そうではない人もいると思います。

 逆に、男性を好きにならないといけない、いや女性は男性を好きになるもの=それが普通、という概念が長い間とてもしんどかった。

 異性恋愛について長年違和感を憶え続けて、やっと今という感じです。

 セクシュアリティについては定義がありすぎると言うか、未だアンタッチャブルな分野と言うか、LGBTQ+当事者の私でも性の数は人の数だけあると思っているので、これはこう、あれはあれというのはないと思ってます。自分を説明するのに、納得するのに使いやすいカテゴリーがあるから、「バイセクシュアル」という言葉を使ってなんとなく説明しているという感覚に近いのかなぁ。

 カミングアウトする時はそれなりに怖かったです。

 それまで私のことを好きな女の子のファンの子たちが怖がらないか、そして私のことを好きな男性のファンの方(すげー少ないですけど・笑)がどう思うか…結果は杞憂でしたが、やはり直後のライブでの特典会の時、少しだけ奇異の目があったような自意識過剰を少し発動させたくらいかな。

 かなり反響もいただきまして、当事者で誰にも言えずに悩んでいる人たちがこんなにたくさんいるのかと驚きとともに心強さも覚えました。

 さて、やっぱりなんと言っても男性のことも女性のこともどっちも恋愛感情を抱くことができるので、よく訊かれるのが「好きな異性のタイプ」。これがですね、正直タイプなどないのです。

 小学生くらいの時から同級生同士でよく「好きな男性芸能人」の話をすると思うのですが、正直全く興味がないので周りに話を合わせてやり過ごしていましたね。友達が異性のアイドルの載っている雑誌を見てキャーキャー言ってる感覚が分からなかった。

 逆に女性のタイプはすげー細かく言えるほどにたくさんあります。

 私と身長が同じくらい、もしくは私より背の高い女性で(私は168cmあるのでここハードル高いですが、けっこう背の高い女性多いのです)、髪型はできればショートカットで、色白、肌が綺麗、そして重要なのは「顔が良い」ことです。

 なにも超絶美人である必要はありません。ただ、私の中で「顔が良ければ」OK。とは言え私はめちゃくちゃ美意識が高いので、好きになる女性はもれなく美女ばかり。しかし私の性癖に合う人がいたら、たとえ10人が10人美人というような人でなくても気になってしまいますね。基本的に上品で知性を感じる女の子が好きです。

 数年に一度、どストライクな女性に出会うことがありますが、残念ながらストレートということは多々あります。その場合は切ないですが、空気を読んで友達関係を継続します。まっ、隙あらばいつでも男どもから奪いますけどね…フフフ。

 私は女性には肉体関係は望みません。軽いスキンシップやキスはしますが、どちらかと言うと精神的な繋がりを強く求めます。

 これはレズビアンの人は多いのではと思うのですが、セックスは特に重要じゃないっていう人。私はそれなので、心の底から安らげる私より背が高くて色白で髪の短い美人がいたら紹介してください(?)。

 で、話したいことがここからあったのだけど、文字数が来てしまったので次回に持ち越す可能性。このコラムの感想とかRooftopさんへ送っていただいて構わないのですよ!たまには、私も自分語りではなく誰かのことを勝手に語りたい(?)。それではまたね。

このアーティストの関連記事

Original 3rd Album
BLIND LOVE

Produced by 角松敏生
2019年7月3日(水)発売・ハイレゾ配信
2019年6月19日(水)通常デジタル配信
ユニバーサルミュージック UPCY-7592

amazonで購入

Remake of Debut Album
Film noir ultime

2019年7月3日(水)発売・デジタル配信
CD:FABTONE FBAC-089 / 価格:2,500円+税
LP:FABTONE FBAL-001 / 価格:3,500円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

アーバンギャルドPRRESENTS 鬱フェス2019

2019年9月8日(日)TSUTAYA O-EAST

出演:アーバンギャルド/ 大槻ケンヂ/ R指定/ 頭脳警察/ SPANK HAPPY / Maison book girl / 眉村ちあき/ じゅじゅ/ 新しい学校のリーダーズほか

令和零時のアーバンギャルドツアー〜0=0=0=0〜

2019年10月26日(土)横浜BAYSIS

2019年11月1日(金)名古屋ell.FITS ALL

2019年11月2日(土)岡山PEPPERLAND

2019年11月4日(月・祝)大阪JANUS

2019年11月10日(日)渋谷CLUB QUATTRO

*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。

 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo