Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムアーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生第八十一回「バンドマンと付き合う方法教えます 其の参」

十一回「バンドマンと付き合う方法教えます 其の参」

第八十一回「バンドマンと付き合う方法教えます 其の参」

2019.06.03

 さぁ、このテーマもそろそろ限界が近づいてまいりました(いろんな意味で)。
 今回も引き続き似たようなことを書いていきますが、前回の宣言通り「簡単に落とせるバンドマン」について深堀りしていきたいと思います。
 
 「簡単にバンドマンを落とす」とは。
 それは…もっとも簡単なことかもしれません。
 なぜなら決定的であり致命的、かつ超現実的でこれを言われたらほとんどのバンドマンが死ぬであろうパワーワードをこれから書きます。
 
 「売れてないバンドマン」を狙えばいいのです。
 
 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ !!
 
 コネ━━━━━━(゚A゚)━━━━━━ !!!!!
 
 
 いま自分で書きながらなんと残酷なことを書いているのだろうと思っております! そう、あなたがバンドマンと交際してみたいと思うなら、「売れてないバンドマン」を狙えばいいのです。あ、大事なことなのかしら、二回も同じことを書いてしまった。いえ、全然大事なことじゃないです。むしろ、心底どうでもいい。あ、もっと酷いことを書いてしまった。
 
 それではまず、「売れてないバンドマン」の定義から行きたいと思います。
 
 ・ライブの時にチケットがノルマ制(論外)
 ・ライブの時にチケットがメール予約(予約者の半数が来ない)
 ・ライブの後に必ず打ち上げをする(鳥〇族や和〇などのチェーン店)
 ・高円寺に住んでいる(やや偏見入ってます)
 
 いま現在「売れている(ように見える)バンドマン」の人たちもこのようなノルマ制とかは必ず通ってきた道だと思いますが、彼ら彼女らは1年や2年のうちのこの辛い下積み時代を打破し、ネクストステージへ進んでいっているので、私の中で上記に当てはまること(特に4つ目)を何年も何年もダラダラとやってるようなバンドマンは売れてないし、これからも売れません。
 
 ここで私の中で一番重要だと思うのは「ライブの後に必ず打ち上げをする」という部分です。打ち上げ自体は悪くないです。そこで思わぬご縁が生まれたり、イベントに誘われたりする場合もございます。
 しかし彼ら彼女らの中には打ち上げをするためにライブをやっていると言っても過言ではない人たちもいると思うのですが、そういう気持ちでライブをやるのはわたくしから申し上げますと、ものすごく残念だなぁと思います。
 ライブをするということは、もちろん自分自身のためでもありますが、大前提としてチケット代金というお金を頂戴しているわけですから「お客様に楽しい時間を過ごしていただきたい」というものがあるはずです。なのに己の欲望のほうが勝ってどーする。「これが終わったら打ち上げ〜♪」なんて思いながらライブやったことなんか一度もねーよ。むしろ積極的に打ち上げは欠席するタイプなので(主催の時に打ち上げする場合は別。そこまでがお仕事だと思って参加させてもらってます、本音は1秒でも早く帰りたい、おうちが大好きだからね☆)。
 と言うより、打ち上げをしているような気分にはなりません。ライブ直後なんて。即刻一人反省会の時間に入ります。「今日のあの曲の時ピッチが甘かった」「ここの箇所は上手くいった」「だけどここでタイミングが微妙に合わなかった」などなど、真面目なバンドマンであればあるほど即録音録画をチェックし、次までに改善点を良くしようと飽くなき努力をしているはずなのです。
 あとはね、これをやってなきゃこの人きっと生きていけないんだろうなって感じる人たちのライブってすごいですよ。そういったすごい存在の人たちの中には「このあと終わったらお楽しみ♪」なんて発想すら生まれていないと思います。命懸けですから。
 
 「打ち上げ、わ〜い、楽し〜♪」
 それはそれで良いことだと思います。特に地方遠征に行った時などはご当地の美味しいお店をイベンターさんが連れていってくれたり、スタッフさんやメンバーと東京以外の土地で親睦を深めたり。おっと、売れてないバンドマンはまずツアーはやってないか。ごめんごめん。
 
 先ほど挙げた売れてないバンドマンの4つの定義に全部に当てはまる人は、「バンドやっている一般人」に近いと思いますので、比較的と言うか普通に射程範囲内だと思います。どういう形で近づいてもOK。ファンとしてでもいいし、友だちに連れられてライブハウスに来て知り合ったテイでもいいし、と言うかどうでもいいでしょう、そんな理由は(笑)。バンドやってる人(バンドマン)と交際してみたい〜と思う方はそういう人を狙ってみてはよろしいんじゃないでしょうか。
 でも多分そいつ、売れないよ。
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

NISHIEIFUKU JAM 1th Anniversary
『MAX NIGHT!!』キノコホテル×アーバンギャルド
2019年6月1日(土)西永福ジャム
 
YATSUI FESTIVAL! 2019
2019年6月15日(土)、6月16日(日)TSUTAYA O-EASTほか渋谷のライブハウス13店舗(アーバンギャルドは16日のみ出演)
 
渋谷巴里祭2019
2019年7月10日(水)7th FLOOR[浜崎容子ソロ]
 
アーバンギャルド PRRESENTS 鬱フェス2019
2019年9月8日(日)TSUTAYA O-EAST
 
*その他のライブはhttp://urbangarde.net/http://urbangarde.netをご参照ください。
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 鈴木邦男(文筆家・元一水会顧問)の右顧左眄
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo