Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムアーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生第七十七回「服を着ていることが恥ずかしいと思うなんて」

十七回「服を着ていることが恥ずかしいと思うなんて」

第七十七回「服を着ていることが恥ずかしいと思うなんて」

2019.02.07

 こういう職業だからか分かりませんが、よく自分の人生を振り返るというか、「どんな子ども時代を過ごしたか?」みたいな話を聞かれることが多いです。
 なんなら振り返りすぎて逆にしんどくなることが多いですね。
 人生っていうものは適度に振り返るほうがいいなと個人的には思います。
 
 話題が少し変わりますが、自分のことを話したい人は世の中にびっくりするほどたくさんいます。何に向かってプレゼンしているのか? と思うほどに隙あらば自分語りしてくる人、いますよね。
 我々みたいな人間は承認欲求が服を着て歩いているような職業なので常に世界にアピールしていますが、なんか、音楽ネタを使って「自分を構成する9枚」とかって自分語りしてる人とかいますね。その中で「アーバンギャルドとか入れてる自分、変わってるでしょ?」アピールにうちのバンドとか使われてることがあるのですけど、やってる本人は変わってることは何ひとつやってるつもりがないので、そのように言われるといつも不思議な気持ちになります(笑)。
 本人はめちゃくちゃ王道の売れ線POPSを作ってるつもりなんですよ(苦笑)。もちろんそんなつもりで選んでる人のほうが少ないとは思っているんですけども。
 
 人がいればその数だけその人を構成したものが世の中には溢れています。
 人はひとつだけの要素で出来上がるものではないから、一人の人をつくるのに1,000の要素があるとしたら、要素だけで膨大な数の情報量が溢れているということですよね。
 
 そんななか唐突に自分語りを始めますが、私を構成するもののひとつとして必ず入ってくるのが、幼少の頃から中学生まで習っていたクラシックバレエですね。
 バレエは6歳の時に習い始めました。厳密に言うと6歳になる年の5歳の時なのかな。
 母に今からバレエのレッスンの見学に行きます、と言われ、おでかけ用のワンピースを着てレッスン場へ向かいました。
 
 レオタード姿でレッスンする歳の近い女の子たちを見て、私はとても恥ずかしい気分になったのを覚えています。なぜなら、その子たちはレオタードという限りなく裸に近い恰好でいるのに、おしゃれなワンピースを着てレッスン場の隅で椅子に座って見学している自分はとても場違いな感じがしたからです。決していやらしい気持ちになって恥ずかしかったとかではなく(笑)、普通の服を着ている自分に違和感を覚えたからです。
 
 生まれて初めてです。服を着ていることが恥ずかしいと思うなんて。
 その感覚こそが今の私をつくっているなと感じる時があります。
 以来、7、8年間、私の生活の中で「裸に近い恰好」をする時間が増えました。
 レオタードというものは非常に残酷で、その人の長所や欠点を隠すことができません。
 
 長所が欠点になる、ということを知ったのもこの頃でした。
 皆さんご存知のように(?)、私は脚が長いです。そして形がとても良い脚をしています。
 バレエの先生というのは表現の達人でもありますから、自分の感じたものを素直に表現してくれます。つまり、こういうことです。
 「容子ちゃんは脚が長くてスタイルがとても良いね!」
 この言葉が他のレッスン生の、特にスタイルがあんまり良くないと感じている子たちの心にどれだけの劣等感を与えたでしょうか。
 今でこそ褒められると伸びると思い、誰よりも優れていると思っている私も、当時、いたいけな少女の頃はそんなに目立ちたいと思わない、いや、どちらかと言うとひっそり暮らしたいタイプでしたので、このように名指しで褒められると居心地が非常に悪く、また他のレッスン生からの嫉妬の視線が痛かったです。
 
 「どうにかして目立たないように過ごそう」
 そう思ってもレオタードとレッスン場の全身鏡は残酷でした。
 なんと、このスタイルだと上手くても下手でも、何をしても目立ってしまうのです!
 そして他のレッスン生からついに言われてしまいます。「あいつ調子に乗ってる」
 
 さぁ、田舎の一バレエ少女・容子はこの後どうやってレッスン生たちの嫉妬に立ち向かうのか!? 文字数が来てしまったので続編は来月!
 
このアーティストの関連記事

愛と幻想のアーバンギャルド

2018年11月21日(水)発売
発売元:前衛都市 販売元:FABTON
FBAC-071
価格:¥3,000+税

LIVE INFOライブ情報

愛と幻想のアーバンギャルドツアー 〜あなた元年〜
■2019年3月8日(金)大阪・アメリカ村DROP
■2019年3月9日(土)京都・MOJO
■2019年3月10日(日)名古屋・APOLLO BASE
■2019年3月16日(土)東京・代官山UNIT
 
*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 月刊牧村
  • おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)のホントシオリ
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • 煩悩放出 〜せきしろの考えたこと〜
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo