Rooftop ルーフトップ

COLUMN

トップコラムアーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生第七十二回「誰でも走り出す前の時間がある」

十二回「誰でも走り出す前の時間がある」

第七十二回「誰でも走り出す前の時間がある」

2018.09.05

 先日、ひょんなことがきっかけで思いがけずお友達ができてしまったのだけど(こう見えて友達はちゃんといますよ。友達がいないって言う人は友達ができない原因が自分にあるのを理解していない痛い人でーすと言っているようなモノっていうのをネットで読んだので積極的に友達がいるアピールをしていくタイプの痛い人になろうと思ってます!)、その新しくできたお友達は私なんかよりもうんと年下で、いわゆる平成生まれという人たちなのかな? とっても可愛いし一生懸命だしすごくキラキラして見えました。で、その子たちと話している時にやっぱりふと思っちゃうんですね、アレ。
 「自分がこの子くらいの歳の頃、どうしてたかな?」
 
 私にはこれまで友達と言っても自分よりも年上のお姉さんや同世代と仲良くなることが多く、けっこう年下の子たちとは話も合わないだろうし何より向こうが求めていないだろうと思い、いろんな場所で平成生まれと接する機会があるにもかかわらずあんまり積極的に仲良くなろうと努力はしていませんでした。
 しかし! アーバンギャルドというバンドをやって約10年、その歳月を経て悶々期(10代特有の思春期以降のモヤモヤした気持ちの時期のこと、多分)にアーバンギャルドを聴いて育ちましたという女の子たちが続々と誕生していたのです。そして、何でもないところで出会う。
 
 いや普通に出会っていますよ? 自分たちがライブをすれば会場に「お客様」として「ファン」として集まってくれる、というか自ら進んでその場に来てくれているわけですからこれは私が偶然に出会いましたっていうパターンとはちょっと違うと思ってます。
 
 または今アイドルやっててアーバンギャルドを聴いていましたっていう子も有難いことに皆様が想像している以上にかなりの数いらっしゃいます。私も最初はにわかには信じられませんでしたが割とマジで多いです。とっても嬉しいことです。生きてて良かった。でもそれも対バンイベントなどで共演させてもらったりというお仕事の現場で言われることだし、お仕事を一緒にしているので同業者・共演者さんとして見てしまいますので出会いとも違うかな? と思うのです。
 
 そして有難いことに私自身も経験していることですが、昔からの憧れでものすごく影響を受けたミュージシャンの方々と一緒にお仕事をさせてもらう時は「出会い」というよりも「自分がこの機会を勝ち取った」という考えになってしまいます。要するに自分が努力してこの道を進んだ結果というか、出会いではなくチャンスを掴んだみたいな気持ちですね。ここまで行ってやる!的な向上心の結果なので、確かにそれは出会いとは違いますね。
 
 今回の出会いは本当にプライベートで遊んでいる時の出来事なので、悶々期アーバンギャルドを支えに生きていました…という女の子たちが実在しているんだって驚きと喜びを隠せなかったです。
 
 精一杯見栄を張ってバンドの名誉のために書きますが、プライベートでもお声をかけていただいたり、友達の友達がアーバン好きな子だった、ということはこれまでにも多く経験してきました。が、なぜだろう、これまでよりもなぜか胸にトーンと来るものがありました。
 なぜなのか深く深く考え、やはり10年続けてきたという一つの区切りというものが自分の中でとても大きいんだなと再確認いたしました。メジャーデビューした時よりも今のほうが胸を張って自分のやってきたことを人に言うことができるというか、芸事は10年続けてやっとスタートラインに立てると言われるものですから、やっとやっとミュージシャンをやっているということに自覚的になれたんだなと感じました。
 で、思いました。この子たちくらいの頃、何をしていたか。私自身は自分の進路を決めるのがけっこう早かったので、彼女たちくらいの歳には夢に向かってとにかく毎日がむしゃらに突っ走っていました。
 
 でも走り出す前、どうしていたかも思い出しました。
 学校にも行かず、毎日毎日自分の部屋で、ずーっと音楽を聴いていたあの頃を。
 ブックレットも歌詞を読み込んでボロボロになっていたし、ヘッドフォンをして目を閉じたら憧れのミュージシャンたちが自分のすぐそばで演奏してくれているような気持ちになっていました。一人じゃない気がしてました。音楽に何度も救われてきました。
 
 私はこれからどうすればいいのだろう。
 今もあの頃も同じことが心の中を駆け巡っています。だけど、少しだけ気づけました。今の自分がやるべきこと、それが一体何なのか。これからの私たちの作品や発言や態度で目に見えるかたちで表現していけたらいいなって思ってます。
 そして、部屋で一人で音楽を聴いているあの女の子にまた出会いたいなって思ってます。
 
このアーティストの関連記事

スペシャル・アルバム『愛と幻想のアーバンギャルド』

初回盤のDVDには10周年記念の中野サンプラザホール公演を完全収録!

 オリジナル・アルバムでは入手できない貴重な楽曲や、10年の歴史のライブ活動で一時期の定番となっていた重要な楽曲が詰まったもう一つのオリジナル・アルバム的要素を持つ新曲2曲を加えたベスト盤『愛と幻想のアーバンギャルド』が11月21日(水)に発売決定! 詳細は近日発表!

LIVE INFOライブ情報

アーバンギャルド Presents 鬱フェス 2018
■2018年9月8日(土)TSUTAYA O-EAST
【出演】アーバンギャルド / オーケンギャルド(大槻ケンヂ+アーバンギャルド)/ R指定 / キノコホテル / SPANK HAPPY / PASSPO☆ / Maison book girl / 椎名ぴかりん / 絵恋ちゃん / 電影と少年CQ
 
少女フィクションTOUR 〜THIS IS TRAUMA TECHNO POP〜
■2018年11月3日(土・祝)名古屋APOLLO BASE
■2018年11月4日(日)OSAKA MUSE
■2018年11月17日(土)代官山UNIT
 
*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。
 

COLUMN LIST連載コラム一覧

  • おじさんの眼
  • ロフトレーベルインフォメーション
  • イノマー<オナニーマシーン>の『自慰伝(序章)』
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 山脇唯「2SEE MORE」
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!
haku
lpo