トップ > レビュー >MUSIC > 道満清明 「メランコリア 上巻」

MUSIC  | BOOK

道満清明 「メランコリア 上巻」

集英社
600yen+tax

amazon

 道満晴明によるオムニバス作品がココに。タイトルにある通りのほの暗い憂鬱さはもちろん、道満清明作品に共通する儚さや艶っぽさは今回も健在。静かに進んでいく物語、オムニバスでありながら繋がっている各話の作品世界はどこから読み始めても楽しむことができます。読み進めていく中で発見していく布石からついページを遡ってしまうこともしばしば。一見シンプルに見える画面ですが、気が付くと何度も読み返してしまう中毒性が今作にも。登場人物もその作品世界に相応しい癖のあるキャラばかりですが、どこか生っぽく現実にいるような気もしてしまいます。愛らしいキャラクターや画面に騙されそうになりますが、セリフ回しも毒づいたものが各所に多数。アルファベットとともに進んでいくオムニバス各話の毒を喰らいながらこの不思議な感覚に伝染してみてください。(Asagaya/Loft A:柏木聡)