トップ > レビュー >MUSIC > 明日君がいなくなったら / 音速ライン

MUSIC  | CD

明日君がいなくなったら / 音速ライン

OLK-002
1,296yen(tax in)
2017年11月22日(水)発売

 昨年、クラウドファンディングで制作された4年振りのフルアルバム「鋼鉄の魔法使い」をリリースさせ、ワンマンツアーや対バンツアーに全国各地のフェス出演を果たし、バンド史上初のEP盤「明日君がいなくなったら」をリリース。来年迎えるバンド結成15周年に向け、その活動を止める事なく進んでいる。切なさと疾走感を伴ったサウンドにハイトーンボイスでは健在である。また、ボーカル藤井が「悲しい曲を書きたくなかった時期がやっと明けた。」と言わせたタイトル曲「明日君がいなくなったら」、音速ラインではお馴染みのアルコールナンバー「ハイボールミラーボール」、1st Album「風景描写」に収録されている「リンカラン」のバンドヴァージョンを再録。たった4曲と言えども、ミニアルバム並みのボリュームと彼らの思いが詰まっている。好きになるにも遅いも早いもない。今の音速ラインを是非受け止めて欲しい。そんな風に思える1枚です。(新宿LOFT:樋口寛子)