トップ > レビュー >MUSIC > RCサクセション / COVERS

MUSIC  | CD

RCサクセション / COVERS

キティレコード
2365(tax in)
IN STORES NOW

amazon

 皆さんはRCサクセションの『covers』というアルバムをご存知だろうか。私のような10代、20代の若い世代は知らない人が殆どだろう。このアルバムは1988年に発売されオリコン1位にまでなった洋楽曲のカバーのみを収録した作品である。なぜカバー曲だけ収録したものがこんなにも高い評価を受けたのかというと、この作品はただのカバーアルバムではなく歌詞は反戦や反原発、世の中への不満や皮肉などが中心で、参加アーティストも泉谷しげる、坂本冬美、三浦友和、桑田佳祐(isuke kuwatakeとして参加)など名だたる著名人である。このアルバムの1曲目『明日なき世界』で『奴らは俺がおかしいと言う でも本当のことは曲げられやしねぇ 政治家はいつも誤魔化しばかり 法律で真実は隠せやしねぇ』という歌詞がある。この曲を初めて聴いた時、大きな権力に音楽で真っ向から立ち向かう忌野清志郎さんの姿に私は『これが本物のロックだ!』と感銘を受けた。その他にも7曲目『サマータイムブルース』では福島原発の事故が起きる前に反原発をメディアなどを皮肉りながら唄っている。このアルバムは今から約30年前の作品だが、今の世の中と照らし合わせても共感できる事や考えさせられる事ばかりだ。森友、加計、日報問題や若者の政治への関心などが話題になる今だからこそ忌野清志郎さんの残したこのアルバムを聴くべきではないだろうか。(ロフトプラスワン: 平良 圭佑)