トップ > レビュー >MUSIC > 銀杏BOYZ / エンジェルベイビー

MUSIC  | CD

銀杏BOYZ / エンジェルベイビー

SKOOL-040E
1,200yen+tax
2017年7月26日(水)発売

amazon

 三ヶ月連続シングルの第一弾。前回の光と影の三部作は「自らを断罪し世に咆哮を捧げる」という真理を投げかけるものだったが、今回はまさに愛と恋と性の”ど真ん中"。「エンジェルベイビー」というタイトルの時点で、聴きたくないけど聴きたい、誰かに言いたいけど恥ずかしくて言えない……このジレンマの感じ、待っていました! 多幸感溢れるアレンジが、さらにこのムズムズに追い打ちをかけてくる。最高。2曲目の「二回戦」は、ライブ映像作品『愛地獄』に弾き語りとして収録されていた「イラマチオ」のタイトルを変更したバンド編成バージョン。ゲストミュージシャンとしてピアノ・野崎泰弘、プログラミングとコーラスにUCARY VALENTINEが参加。「二回戦」の文字だけでも、”はい、傑作決定”と思ったが、正解。煩悩の泥臭さと美しさが隣り合わせの名曲だ。一刻も早く、誰かとこの2曲について「ろくでもねーな、最高かよ…」と言い合いたい。(成宮アイコ)