トップ > レビュー >MUSIC > さめざめ / 東京ポルノ

MUSIC  | CD

さめざめ / 東京ポルノ

2017年6月7日(水)発売 1st mini ALBUM
samezame RECORDS
SMZM-0008(¥1800+TAX)

amazon

収録曲
01.新宿ドキュメンタリー
02.東京午前3時
03.23区のすみっこで
04.ラブホのシュシュ
05.悲劇のヒロイン症候群
06.悪

「幸せってなに?」誰にも言えない、報われない恋愛をする女性に捧げる。世の男性達の心へ、会心の一撃を放つ。『東京ポルノ』を体感せよ。

 
さめざめファンには堪らない濃厚な妖艶さが詰まったminiALBUMが2017年6月7日(水)に発売。今までの楽曲よりも更にさめざめや女性達の「生々しさ」を感じる楽曲が多数収録されている。柔らかく、温かく包み込み、聴いているだけで傍に居てくれ、支えてくれるような愛情。そして、弱さ、切なさ、悲しみだけではなく、女性としての強さ、逞しさを伝える。弱さや涙ばかりを売り、可哀そうを演じる女性ではなく、優しいだけでも、強さだけでもなく、前に踏み出し強く進んでゆく、凛とした女性を伝える新宿を舞台にした「新宿ドキュメンタリー」をはじめ、女の怖さや自分の中に潜む誰にも言えない恋愛の本音を全てぶつける「悪」を含む全6曲を収録。今回は今まで以上にさめざめ・笛田サオリの人間性「生」を感じる。東京の地名、交友関係、彼女の身近な場所を舞台にした楽曲。東京に住んでる方はこの音楽を聴きながら各地を回って欲しい。今までにない曲調。男性は是非とも、女性の取扱説明書として心して聴き、学んで欲しい。
 
“大人になってしまった”からこそ感じる悲しみ。女の子である賞味期限が切れてしまった女性。都合よく扱われることに慣れ始めて、順応しはじめてしまう人生経験。大人になってしまう悲しみ。包み込みつつも手放したり、お利口さんでいようとしてしまう女心。きっと、あなたの恋愛ともシンクロする物語があるはず。あなたなりの“ドキュメンタリー”を回想しながら、聴いて欲しい。(Asagaya/LoftA:おくはらしおり)