トップ > レビュー >MUSIC > 宙也/{新訳}アレルギー/「宙也暦 〜Historical archives of Chu-ya's world〜」第二巻

MUSIC  | CD

宙也/{新訳}アレルギー/「宙也暦 〜Historical archives of Chu-ya's world〜」第二巻

CN-0001 / 4,500yen (tax in)
IN STORES NOW

Disc 1
笑う土
TOKYOフラストレーション
DOUBLE THINK(二重思考)
J.B.の夢
GAME
行方不明
追放者
DOLL OR MAN
エルドラド

Disc 2
笑う土
WAKE UP
TOKYOフラストレーション
DOUBLE THINK(二重思考)
J.B.の夢
不安なアタマ
行方不明
GAME
DA-TU-RA
追放者
AUTOMATA
DOLL OR MAN
エルドラド

 宙也(vo)と荒木康弘(ds)のオリジナル・メンバーに加え、内藤幸也(g)、TOKIE(b)、勝井祐二(vn)という巧者が脇を固めた{新訳}アレルギー。解散から実に17年の歳月を経てのアレルギー再生は、昨年2月4日の宙也生誕50年&新宿LOFTデビュー30周年記念祝祭と同年11月11日のU子の没後20年を追悼する高円寺HIGHでのライブで実現した。その2度にわたる実演を完全収録したのが本作で、80年代初頭の日本のパンク・シーンに肉薄したドキュメント・ムービー『ちょっとの雨ならがまん』やG.I.S.M.のライブ・ビデオ等で知られる安田潤司がディレクションを務めているだけに真に迫る音と映像のクオリティは折紙付き。豪華布陣による超絶パフォーマンスも掛け値なしに素晴らしく、息を呑むことの連続。幻想や懐古を軽く一蹴する新訳ならではの狂気と混沌にただただ奮える。この編成による新訳だけでなく新作も是非聴いてみたくなった。(椎名宗之)