トップ > レビュー >MUSIC > サージェント・ツゲイズ・オンリー・ワン・クラブ・バンド(告井延隆)/THE BEATLES 10

MUSIC  | CD

サージェント・ツゲイズ・オンリー・ワン・クラブ・バンド(告井延隆)/THE BEATLES 10

PSD-201
1,800yen (tax in)
2.02 IN STORES

amazon

1. イン・マイ・ライフ
2. ノルウェーの森
3. アクロス・ザ・ユニバース
4. ミッシェル
5. アンド・アイ・ラブ・ハー
6. ブラックバード
7 フォー・ノー・ワン
8. ホエン・アイム・シクステイ−フォー
9. ヒア・ゼア・アンド・エブリウェア
10. ヒア・カムズ・ザ・サン

 サージェント・ツゲイズ〜とは、センチメンタル・シティ・ロマンスのリーダーである告井延隆がアコギ1本でビートルズの豊潤な音楽を実演するソロ・プロジェクトである。オーバーダビングは一切せず、たった1人でギターを演奏することでオリジナルの雰囲気を絶妙に再現する様には思わず息をのむ。本人は「誰の耳にも入るような、毒にも邪魔にもならないBGMを目指している」と言うが、サージェント・ツゲイズ〜のエッセンスを凝縮させた本作を聴けば、ビートルズを偏愛している人ほどこの1人アンサンブルの超絶技巧に舌を巻くのではないか。つまり、本作の特性を端的に言えば「敷居は低いが奥はとてつもなく深い」ということだ。それ即ちご本家の特性でもあり、告井軍曹はビートルズの真髄までも見事に再現しているのだから恐れ入る。3月9日(土)にはネイキッドロフトで告井軍曹のビートルズ・トーク&ライブが開催されるので、その至芸を是非間近で堪能して頂きたい。(椎名宗之)