HOME > レビュー > MUSIC > くほんぶつ/生きてる途中に死んだらどうしよう

MUSIC  | CD

くほんぶつ/生きてる途中に死んだらどうしよう

1,000yen (tax in) / IN STORES NOW

このエントリをはてなブックマークに登録 この記事のはてなブックマーク数 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をYahoo!ブックマークに登録する Bookmark and Share

 高円寺の無力無善寺で昔働いていて、自主企画や、無力無善寺で行なっていたインディーズバンドの祭典“日本ロックフェス”をやっている内田るん女史がはじめたバンド「くほんぶつ」がCDをリリース。メンバーは、チムニィ、ランタンパレードでドラムを叩いてる光永渉、happleのキーボードのさいとうあさみ、ロッチリアでベースを弾いていた喜代千晶。今までは、100yenレーベルの片岡ハルカが録音を担当。阿部定的な女の情念をポップに歌った『チョーダイな』や、あの昆虫キッズ、スッパバンドもカバーした永遠の名曲『ピートタウンゼント』も収録。とにかくるんさんが作り出すメロディは徹底してポップ! そして、るんさんの歌声大好き。
 くほんぶつの音楽は、ロックンロールのロの字も知らない人が聴いたとしてもきっとその人の心をロックしてしまう分かりやすさと中毒性がある。みなさま是非ライブにお越しを。(新宿LOFT:望月慎之輔)

カテゴリ
タグ
最新ニュース

RSS


  • he