トップ > レビュー >MUSIC > 布袋寅泰 / MODERN TIMES ROCK'N'ROLL

MUSIC  | CD

布袋寅泰 / MODERN TIMES ROCK'N'ROLL

TOCT-26920 3,000yen (tax in) / IN STORES NOW

amazon iTunesStoreで購入

布袋寅泰の『MODERN TIMES ROCK'N'ROLL』にはエルヴィス・プレスリーの『ハートブレイクホテル』からユーリズミックスの『SWEET DREAMS (ARE MADE OF THIS)』まで、50年代から80年代までの割と知名度の高い楽曲をボーナストラック(ルベッツの『SUGAR BABY LOVE』)含め全14曲が収録されている。古今東西の洋楽に精通した布袋ゆえにもっとマニアックな選曲もできたはずだが、セルフライナーノーツによると「ロック・クラシックスが何故ゆえにクラシックとして語り継がれたかを実際にギターを握って検証してみたかったこともあるし、若い世代のロック・ファンの皆さんにとってのロックの入口は邦楽だったという方も多いと聞き、シンプルなスリーコードの曲は逆に新鮮に感じてもらえるのではないか、という思いもあった」とのこと。とは言えそこは布袋、ビートルズの『BACK IN THE U.S.S.R.』やキンクスの『ALL DAY AND ALL OF THE NIGHT』(ドアーズの『HELLO, I LOVE YOU』に非ず)、ストーンズの『悪魔を憐れむ歌』といった鉄板曲でも独自の“MODERN TIMES”なアレンジを施して楽曲の新たな解釈を提示している。自身が思春期にリアルタイムで聴いていたであろうT・レックスの『テレグラム・サム』やロキシー・ミュージックの『LOVE IS THE DRUG』、クラフトワークの『THE MODEL』といったグラム・ロックやニュー・ウェイヴの選曲がやはり本作では白眉で、布袋の核らしきものがよく窺える。だからこそ、彼が今なお敬愛してやまないデヴィッド・ボウイのカヴァーが収録されていないのが唯一惜しむべきところなのだ。是非続編を期待したい。(Rooftop編集長:椎名宗之)