Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビューピーターラビット 

ピーターラビット 

2018.06.01   CULTURE | MOVIE

公開中

 もちろん本作は原作絵本とはかなりかけ離れている。ミュージカル的(含ヒップホップ)になったり、女性からの寵愛と畑を巡って人間の男と動物たちが争いあう。電流や爆破で人とウサギが殺し合う超バイオレンスな展開は大変面白く、男性役のD・グリーソンがCGキャラ相手に滑稽な大立ち回りを見せる様は「死霊のはらわた2」のアッシュの熱演を思わせる。しかし今後、この手の名作のリメイク的作品が続くのは憂慮するべき事態で、大人になったクリストファーロビンの所にプーが帰ってくる「劇画オバQ」的作品や、さらにメリー・ポピンズまで帰還する…と心配の種は尽きない。元作にないオリジナル要素で作品を作る、これは「ハン・ソロ」等と全く同じだ。アメコミ、SWに続き順調にネズミー帝国によるコンテンツ化は進んでいる…。そう考えると本作のようにピーターの父がパイにされるなどの残酷な側面は残しつつ自由奔放な作品は「いい方」なのだろう。(多田遠志)

関連リンク