トップ > レビュー >CULTURE > 駕籠真太郎 「ブレインダメージ」

CULTURE  | BOOK

駕籠真太郎 「ブレインダメージ」

ワニブックス
1,000yen+tax

 鬼才“駕籠真太郎”の最新作はホラー作品を4篇収録。4作品ともに読み応え充分。読みす進めるうちにどんどんと引き込まれていき、まるで映画を見ているような気分になる快作です。タイトルにあるようにまさに脳に突き刺さる物語は恐怖を感じつつも気が付くとまたページをめくってしまう中毒性が。それはホラーの中にもシニカルな笑いを絶妙に混ぜ込んでいるからでしょう。巻末に収録されている著者自身による作品解説も駕籠さん自身の人間臭い面を感じることができてクスリとしてしまいます。ホラーという作品の性質上、読者を選んでしまうのかもしれませんが、誰しも怖いもの見たさの好奇心は大なり小なりあるはず。たまには背中をゾクリとさせる快感・刺激を脳に与えてみるのもいいのではないでしょうか。(Asagaya/Loft A 柏木 聡)
※12/6にはAsagaya/Loft Aにて多数の漫画家を招いて「第2回 エロ・怪奇・特殊漫画家人生相談室」も開催!!是非ご来場ください。
 
カテゴリ
タグ
レビュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo