トップ > レビュー >CULTURE > 深夜特急 / 沢木耕太郎

CULTURE  | BOOK

深夜特急 / 沢木耕太郎

新潮社
529yen(tax in)

amazon

 一人旅の原点はここにある。私の生涯のテーマである「旅」「ロック」「サブカル」の中から旅の本を選んでみた。世界を旅する旅人のバイブルだ。この本は旅のガイド本ではない。観光本ではないのだ。ドキュメント作品なのだ。物語の主人公の青年は26歳。突然日常生活が嫌になって何もかも捨てて旅に出ようと机の中の小銭までかき集めてとにかくインドまで行く。そしてインドのデリーから乗り合いバスに乗ってロンドンまで約2万キロのユーラシアの旅に挑戦する話しだ。インドでは多くの路上生活者、路上で生まれ路上で死んで行く。そんなリアリティのあるドラマを体験しながら、旅人は世界の底辺を見てさわってどんどん成長して行く。これが又読んでいていい。世界を体験した者のみが発する言葉が印象的だ。今までこの秀逸な作品を読み、見知らぬ世界にあこがれてどれだけの若者が海外に飛び立って行ったのだろうか。名著である。(平野悠)