トップ > レビュー >CULTURE > MCバトル史から読み解く 日本語ラップ入門

CULTURE  | BOOK

MCバトル史から読み解く 日本語ラップ入門

KADOKAWA
1,200yen+tax

amazon

 現在のラップブームの火種となった「MCバトル」。その歴史は20年以上前に遡り、数々の右往曲折があって今現在の形に落ち着いた。ただ、クラブカルチャー全般に言えることだが客観的な視点で歴史を線で語ってくれるメディアが少ない。その中で今回の本は著者が一ファンから、プレイヤー、運営に関わっていくまでの流れと、その当時のトレンドや歴史背景、技術論に到るまでを非常に分かりやすくまとめた一冊となっている。前半の著者による泥水体験はワクワクする名前が随所に出てくるし、分岐点となったバトルのピックアップは筆者も同時代の体験として非常に強く印象にある。また、特筆すべきは今まで分かるようで分かりにくかった技術論への考察や「HIPHOP」と「バトル文化」の話は今後もつきまとう非常に重要な言及に思う。表紙にもなっているISSUGI vs T-Pablow戦はマスト。スタイルウォーズ。今に繋がる背景を網羅出来る一冊。(Loft PlusOne West : 松井良太)

カテゴリ
タグ
レビュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono