トップ > レビュー >CULTURE > ハクソー・リッジ

CULTURE  | MOVIE

ハクソー・リッジ

6月24日(土) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー

 信条により一切の武器を持たず『命を救うため』だけに戦地に赴いた衛生兵の物語。なんと実話!沖縄・前田高知、通称ノコギリ崖をめぐる激戦がまさに地獄そのものとして描かれており、凄惨そのもの。主人公は『とにかく目の前にある命を一つでも多く救う』というシンプルで固い信念に支えられているので、戦争映画らしい『なぜ戦わなければならないのか』という苦悩はなく、怒号と銃声、爆発音とともにたくさんの人間が次々と肉塊になっていくグチャグチャの戦場は、むしろ自然災害のような暴力的な現象として描かれています。前半でたっぷりと主人公をとりまく環境を描いてくれており、いかにしてこの信念が生まれ、またそれに固執してしまう性格(病理)を抱えているのかも理解ができます。ともあれメル・ギブソン監督最新作!というだけで鑑賞を決めた人には何も言うことがない作品。期待している『それら』はちゃんと『そうなって』ます。(NAKED LOFT/齋藤航)

カテゴリ
タグ
レビュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • haku
  • lpo