トップ > レビュー >CULTURE > 父・金正日と私 金正男独占告白 / 五味洋治

CULTURE  | BOOK

父・金正日と私 金正男独占告白 / 五味洋治

文春文庫
756yen(tax in)

amazon

 正恩と面識なかった! 聡明開化気質が危険と父に疎まれ腹違い三男が後継。事実上追放、外地で暗殺…改めて北は実質王朝政権なのだと実感。ネズミー国騒動以来「暗愚で後継できず」と思っていたが真逆で自分の無知に恥じ入る。騒動自体、仕組まれ顔を晒されたのでは? 本書での正男氏は多国籍語をこなし自国の矛盾つき改革路線を父に進言、三世代世襲を反対…運命変わる。2011年は毎日、日本の震災と原発事故を案じ余震震度まで詳しい…避難者いじめする日本人に爪の垢煎じ飲ませたい。
 後の運命を予感した言葉の数々が辛い。美点ばかりでなく刺青や女性の件も明け透け…刺青がないように見えたあの人物が別人であれば、とすら思う。独自接触した五味氏の本書が暗殺引き金と批判大合唱のようだが、それ以前に正男氏自らTV朝日に申し出、同じ持論を発表している。一触即発の北朝鮮、ロイヤルファミリーにこの人物がいたと忘れないようにしたい。(尾崎未央)