トップ > レビュー >CULTURE > 米本和広・島田裕巳 / 大川隆法の霊言 神理百問百答

CULTURE  | BOOK

米本和広・島田裕巳 / 大川隆法の霊言 神理百問百答

JICC出版
絶版

amazon

 清水富美加の問題で俄然注目を集め直した幸福の科学。他人の守護霊を降ろしその言葉を教祖大川隆法が語るという手法で膨大な書籍を出版していった。本書は大川の霊言本を読破していった著者に突然大川の霊が降臨した体を取り、本を読んで感じた疑問点を大川に突っ込んでいくが、次第に大川が伝えたい本心が明らかになっていく。今でもこの本が暴いた大川の根幹は変わっていないだろう。いやむしろ、霊視はネス湖を透視したりなどエスカレート。今回の騒動でも清水の元事務所社長の守護霊を呼び出し攻撃している。しかし笑っているわけにも行かぬ。トランプ霊言は関連本に紛れ売れ、幸福実現党を立ち上げ北朝鮮への攻撃などをぶち上げている今、本当に必要なのはこの本の現在バージョンなのかもしれない。この本自体は係争に発展し現在出版されていないが、ネット上やブックオフにはあるので見かけたら即購入をおすすめする。(多田遠志)

カテゴリ
タグ
レビュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono