トップ > レビュー >CULTURE > ブッダも笑う仏教のはなし / 笑い飯 哲夫

CULTURE  | BOOK

ブッダも笑う仏教のはなし / 笑い飯 哲夫

サンマーク出版
1,300yen+tax

amazon

 笑い飯の哲夫と言えば、今や日本を代表する漫才師でありながら仏教賢者であることも、広く知られている。難解な経典すら哲夫のフィルターを透すと、小学生でも理解は容易い。例えば、仏教の根幹とも言える「諸行無常」を本書で「カレー」に、「色即是空」は「アーモンドチョコ」に例えて解説。仏教研究をライフワークとする評論家、宮崎哲弥氏も、哲夫の書く仏教本については高く評価しているほどである。そんな彼が1月18日(水)大阪で「仏教トーク」を開催する。ロフトプラスワンウエストにて行われる『笑い飯哲夫の仏教トーク~哲夫が仏教を語ってシンクロック吉田をちょいちょい口説こうとするライブ~』。哲夫が時折として見てしまっている後輩芸人を相手に、仏教に関する

様々な独自見解を語る。女性を落とすツールにも仏教を選ぶ哲夫の煩悩がどの程度露呈してしまうのか、そのあたりも見ものである。(Loft Plusone West:尻谷よしひろ)