トップ > レビュー >CULTURE > マフィア3

CULTURE  | etc

マフィア3

IN STORES NOW
8,532yen+tax 

amazon

 自由度の高い広大な世界を探索していくオープンワールドゲーム。中でも『グランドセフトオート』に代表される犯罪ゲームは人気が高い。『マフィア3』も、それに類する作品だ。舞台は1968年。ベトナム帰還兵の黒人青年、リンカーン・クレイは故郷に帰るが、仲間の黒人ギャング達がマフィアによって皆殺しにされてしまう。重傷を負ったクレイは復讐の鬼と化し、ベトナム仕込みのゲリラ戦術でマフィア組織を壊滅させようとするのであった。ストーリーはクレイの復讐劇を関係者が回想していくドキュメンタリータッチで、実際の公民権運動の映像なども挿入される。また、時代を表しているのはその風景や音楽だけでなく、当時の黒人差別もたっぷりと描かれ、「黒人入店お断り」の店に入ればトラブルは必至、敵としてKKKも登場する。ゲームも負の歴史などを描くことができるようになるなど、文化としての成熟が著しい。(多田遠志)