トップ > レビュー >CULTURE > ブラック アンド ブルー / 根本敬

CULTURE  | BOOK

ブラック アンド ブルー / 根本敬

著者名:根本敬
発売日:2016年4月8日(金)
価格 ¥4,298(税込)
出版社:東京キララ社

 根本敬がロック、ジャズ、R&B、ぴんから他歴史的名盤レコードジャケットを独自の解釈で描き下ろし、発表してきた「レコードジャケット展」。それらの作品を集めた画集が4月上旬に発売される。根本作品でお馴染みのコクのあるキャラクターたちがアビーロードを闊歩し、音符が精子となり無数に飛び交う中、サイケデリックな色彩で塗りつくされた「イイ顔」の数々、マリファナを吸う勝新、ふと見ると背後でぴんから兄弟が笑っている。臭いまで伝わってきそうなインパクト。それらを展覧会で見てからは、つい元ネタよりも根本さんの描いたジャケットの方を思い出してしまうし、あれ、このジャケット宮史郎いなかったっけ?となってしまう。根本さんの、音楽とレコードジャケットへの愛がたっぷり詰まった最終形態!4/26()にはロフトプラスワンウエストでイベントも開催!(Loft PlusOne West:遠藤桃子)