トップ > レビュー >CULTURE > Fallout 4

CULTURE  | etc

Fallout 4

ベセスダ・ソフトワークス / 8618yen

amazon

 『マッドマックス』など、荒廃した未来を舞台としたゲームが流行となっている。そんなジャンルの真打ち的な作品が『Fallout 4』だ。核戦争後の世界に目覚めた主人公を待ち受けるのはミュータントやモンスターなどがうろつき、人々も生存のために奪い合う弱肉強食の世界だ。プレイヤーの好みに合わせてシューティングとしてもRPG的にもプレイできるシリーズ特有の戦闘システムも健在だが、今回からは生存者たちの村を建築して生活再建させる育成要素まで入って、ますます没入度が増した作りになっている。正直メインミッションをプレイせず、脇筋のストーリーや戦闘や育成だけプレイしていても十分楽しめるくらい、世界が隅々まで作り込まれている。救世主としてプレイしてもよし、悪に徹し破壊と略奪の限りを尽くすのもプレイヤー次第。この自由度の高さが最大の魅力だろう。今後のオープンワールドゲームやSFゲームのハードルを上げまくった作品であることは間違いない。(多田遠志)
カテゴリ
タグ
レビュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo