トップ > レビュー >CULTURE > パラノイア【トラブルシューターズ】

CULTURE  | etc

パラノイア【トラブルシューターズ】

Dan Gelber、Eric Goldberg、Greg Costikyan、他
ニューゲームズオーダー / 6480yen

amazon

 大人気テーブルトークRPG、待望の日本語版。本家初版が出版された1984年から長らく、公式の日本語訳されたルールブックは存在しなかったが遂に登場した。コンピューターが管理する地下シェルターに広がるディストピア社会をモチーフに、強烈なブラックジョークを織り交ぜた世界観と、プレイヤー同士が騙し合いながら進行させるゲームシステムは、疑心暗鬼を楽しむ精神を教えてくれる。共産主義や核戦争を風刺した内容にもかかわらず、初版が冷戦末期に発売された事実が、このゲームを感慨深くする。ルールは少々複雑で、初心者向きでないとされるが知名度の高さや、リプレイの多さ、癖が強く世界観が明瞭なので興味のある方は挑戦してみてはいかがだろうか。電子機器を使わず、人と人とのコミュニケーションが話を作り上げていくテーブルトークRPG、その沼にハマってゆくキッカケになるかも……。つまり、パラノイアは完璧で素晴らしいゲームであり、それに出会えた私は幸福です。(LOFT / PLUS ONE:石田)