トップ > レビュー >CULTURE > バイオハザード リベレーションズ2

CULTURE  | etc

バイオハザード リベレーションズ2

カプコン / 5,389yen

amazon

BIOHAZARDシリーズの精鋭スタッフが贈る、絶望と狂気の新章。 監禁された孤島から決死の脱出を目指すクレアとモイラ。 一方、愛娘モイラを探すために島を訪れたバリーは、謎の少女ナタリアと出会う。 より強く"恐怖"にフォーカスした『バイオハザード』シリーズの間隙を埋める物語。

 「バイオハザード」シリーズは1996年のシリーズスタートから、本数を重ね、ハリウッドでも映画化され、「ゾンビもの=バイオ」と言えるほど、ゾンビを一般に普及させるのに大きな役割を果たしてきた。その最新作が本作「〜リベレーションズ2」である。都市やアフリカの村など、拡大を続けた舞台設定を狭め、洋館を舞台にした最初の作品の様に限定された閉鎖空間での物語に原点回帰させた作品だ。今回は牢獄島に監禁され、そこからの脱出と救出を描くサスペンスあふれるものだ。2人のキャラクターを切り替えて使うシステムだが、片方が幼児など非戦闘員なのが新機軸だ。ストーリー的にも製品版とは別に、連続ドラマのようにエピソードごとにダウンロード(すでに配信されている)して、続きを追って遊ぶことができる、という新しい試みがされている。しかも、ムービーパートを「地獄甲子園」などの山口雄大監督が担当している。このバイオ最新作が、さらなる映画やゲームなどの、新しいゾンビものに影響を与えそうである。(多田遠志) 

カテゴリ
タグ
レビュー アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo