Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートeastern youth - 結成30周年を記念した全国ツアー『極東最前線 / 巡業2018 〜石の上にも三十年〜』を開催! ニュー・シングル『循環バス』の配信リリースも決定!

eastern youth - 結成30周年を記念した全国ツアー『極東最前線 / 巡業2018 〜石の上にも三十年〜』を開催! ニュー・シングル『循環バス』の配信リリースも決定!

2018.08.01

ey_2018_main.jpg

心象風景を情緒豊かに描き出す音楽性

 日常を生きるなかで沸々と湧き起こるさまざまな感情を、一篇の歌として彩り豊かに織り込むイースタンユース。吉野 寿(エレキギター、ボイス)が喉元から振り絞るのは、上っ面だけの反体制を嫌い、徒党を組むことを拒絶し、愚直なまでに己の本質と対峙した末にこだまする真心の歌声。やむにやまれぬ衝動に駆り立てられ、唄わざるを得ない覚悟を孕んだあまりにも無垢な歌声だ。だからこそ激しく魂を揺さぶられる。だからこそ僕らの感受性は問答無用に応答せざるを得ない。

 前身バンドであるスキャナーズが結成されたのは、1986年札幌。1988年、ベースギターのメンバー・チェンジを機にイースタンユースと改名する。当時のメンバーは吉野、吉野とは小学4年から同級生だった田森篤哉(ドラムス)、札幌のUKエジソンで働いていた三橋 徹(ベースギター)。思春期にスキンヘッド・カルチャーにどっぷりと漬かった吉野の嗜好により、Oiパンク/スキンズ色の濃い音楽性を呈していた。

 1989年1月に音楽ライターの中込智子がプロデュースした『STRAIGHT AHEAD II』に盟友ブッチャーズと共に参加した後、同年5月に初の公式音源『EAST END LAND』をB.S.Pプロジェクトから発表。1991年に上京した翌年、〈ひょうたん〉の前身バンドである〈夏の日の午后〉として活動していた二宮友和をベースギターに迎え入れた。

 1993年に自主レーベル兼事務所である〈坂本商店〉を立ち上げ(坂本は田森の旧姓)、現在まで続くシリーズ企画『極東最前線』を1994年11月から始動。1995年6月に発表した『口笛、夜更けに響く』の発表と前後して、それまでの国粋主義的な歌の世界観から一転、日本の風土や四季折々の自然を唄う作風が顕著となる。

 1997年12月、シングル『青すぎる空』でトイズファクトリーからメジャー・デビュー。それ以降、『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』(1998年6月)や『感受性応答セヨ』(2001年8月)など数々の傑作を発表。有機的なアンサンブルを聴かせながら、際限まで噛み砕いた日本語で心象風景を情緒豊かに描き出すその音楽性は年々円熟味を増していった。

 2006年1月には「よりシンプルに直接的にやっていく必要があると考えた上での決断」として坂本商店を離れ、自主レーベル〈裸足の音楽社〉を新たに設立。活動20周年を迎えた2008年には、彼らが深いリスペクトの念を捧げるアーティストが一堂に会したコンピレーション・アルバム『極東最前線2』と2枚のベスト・アルバムを発表、翌2009年には『歩幅と太陽』という力強い確信に満ちた傑作を発表するなど精力的に活動していたが、同年9月に吉野が自宅で急性心筋梗塞を発病し、レコ発記念巡業の一部が公演中止となってしまう(幸い発病後の発見が早かったため手術も無事に成功、命に別状はなかった)。
 

ey_sub01.jpg

 

飽くなき生への渇望を歌として紡ぐ

 2015年2月、近年の傑作である『ボトムオブザワールド』の発表直前に二宮が「3人でやれることはすべてやりきった」と脱退を表明、同作の発売記念巡業の最終日に23年間在籍したバンドを離脱。一時は吉野も解散を考えたというが、イースタンユースとしてまだやれることがあると田森と合意して存続を決意する。その結果、同年9月に開催された『BAYCAMP 2015』に〈街の底〉なる覆面バンドで出演して観客を驚かせ、女性フォーク・デュオ〈手水〉のメンバーだった村岡ゆかが加入したことを実質的にお披露目した形となる。

 2017年9月には村岡の加入後初の作品『SONGentoJIYU』を発表、三位一体のアンサンブルと情感豊かな表現力にまだまだ伸び代があることを見せつけたバンド史上屈指の名盤となった。

 そして迎えた2018年、バンド活動30周年。札幌時代からの盟友であるDMBQとの共演を果たした『極東最前線 〜Enjoy Your Hell!〜』で発表されたのは、ニュー・シングル『循環バス』のデジタル・リリース[9月5日(水)配信]と全国14カ所を巡業する『極東最前線/巡業2018 〜石の上にも三十年〜』の開催だった。

 「(結成30周年について)自分としてはそんなにめでたいとは思ってないんですよ。自分の誕生日を祝ってくれって人にふれて回るみたいで恥ずかしいっていうのもありますね。地道に生きてきたら30年経っちゃいましたよ、みんなだってそうだよね? っていうだけでいいんじゃねぇのかなって個人的には思ってますけど」と『SONGentoJIYU』発表時のインタビューで吉野が語っていた通り、活動の節目を自ら賑々しく祝うのは彼らの流儀ではないのだろう。積み重なっていく重さを避けたいからと、ある時から『極東最前線』の回数をカウントしなくなった彼ららしい流儀だ。

 過去の蓄積にこだわると、いつのまにか堆積物に埋もれて身動きができなくなる。だから人生は積み重ねよりも積み減らしが重要なんだという岡本太郎の信条をイースタンユースは地で行く。ゆえにこの30周年もあくまでズッコケ道中のひとつの通過点に過ぎないし、今回の巡業公演は単なる回顧とも懐古とも無縁、またゼロからすべてを始めるのだ。街の底に生き、何度倒れかけても砂を掴んで立ち上がり敗者復活の歌を果敢に唄い続ける今のイースタンユースの凄みを、このツアーでまざまざと見せつけてくれることだろう。

 ただ愚直なまでに飽くなき生への渇望を歌として紡ぎ、それを形にしていくことで社会と関わりを持とうとする彼らは、今日もまた荒野に針路を取って寄る辺なき旅を続けるのだ。(text:椎名宗之 /live photo:平川啓子)
 

ey_sub02.jpg

商品情報

New Single
「循環バス」

2018年9月5日(水)デジタルリリース
価格:¥250
レーベル:裸足の音楽社

Live Info.

極東最前線/巡業2018〜石の上にも三十年〜

9月23日(日)千葉 LOOK
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:SMASH 03-3444-6751

9月29日(土)京都 磔磔
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569

9月30日(日)金沢 GOLD CREEK
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:FOB金沢 076-232-2424

10月6日(土)札幌 cube garden
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:SMASH EAST 011-261-5569

10月27日(土)仙台 CLUB JUNK BOX
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:GIP 022-222-9999

10月28日(日)盛岡 the five morioka
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:GIP 022-222-9999

11月3日(土)新潟 CLUB RIVERST
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:FOB新潟 025-229-5000

11月4日(日)長野 LIVE HOUSE J
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:FOB新潟 025-229-5000

11月10日(土)福岡 DRUM Be-1
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:BEA 092-712-4221

11月23日(金・祝)広島 4.14
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:夢番地(広島)082-249-3571

11月24日(土)岡山 ペパーランド
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:夢番地(岡山)086-231-3531

12月1日(土)大阪 梅田CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569

12月2日(日)名古屋 CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:JAILHOUSE 052-936-6041

12月8日(土)渋谷 TSUTAYA O-EAST
OPEN 17:00 / START 18:00
前売 ¥4,000(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:SMASH 03-3444-6751

【チケット情報】
オフィシャル先行予約(全公演対象)
7月17日(火)11:00〜7月24日(火)23:59  ※抽選制
受付URLはこちら

プレイガイド最速予約(全公演対象)
7月27日(金)11:00〜8月2日(木)11:00  ※抽選制
受付URLはこちら

一般発売:8月11日(土)10:00より
《千葉公演》チケットぴあ(P:120-937)・ローソン(L:76374)・e+(pre:8/3-7)・会場
《京都公演》チケットぴあ(P:123-096)・ローソン(L:55418)・e+(pre:8/3-6)
《金沢公演》チケットぴあ(P:119-271)・ローソン(L:54274)・e+(pre:8/3-7)・FOB TICKET・会場
《札幌公演》チケットぴあ(P:122-664)・ローソン(L:12378)・e+(pre:8/3-5)・TOWER RECORDS札幌PIVOT店
《仙台公演》チケットぴあ(P:112-230)・ローソン(L:22088)・e+(pre:8/3-5)・チケットGIP・会場
《盛岡公演》チケットぴあ(P:112-230)・ローソン(L:22088)・e+(pre:8/3-5)・チケットGIP・会場
《新潟公演》チケットぴあ(P:119-277)・ローソン(L:73599)・e+(pre:8/3-7)・FOB TICKET・会場
《長野公演》チケットぴあ(P:119-277)・ローソン(L:73599)・e+(pre:8/3-7)・FOB TICKET・会場
《福岡公演》チケットぴあ(P:121-894)・ローソン(L:84135)・e+(pre:8/3-6)
《広島公演》チケットぴあ(P:119-617)・ローソン(L:63249)・e+(pre:8/3-5)・他プレイガイド
《岡山公演》チケットぴあ(P:119-618)・ローソン(L:63250)・e+(pre:8/3-5)・他プレイガイド
《大阪公演》チケットぴあ(P:123-097)・ローソン(L:55560)・e+(QUATTRO web:8/4-6, pre:8/4-6)・会場
《名古屋公演》チケットぴあ(P:119-255)・ローソン(L:41999)・e+(pre:8/4-6)・会場
《東京公演》チケットぴあ(P:120-872)・ローソン(L:76375)・e+(pre:8/3-7)・会場

【企画制作】SMASH / 裸足の音楽社
【協力】バンドワゴン
【問い合わせ】SMASH 03-3444-6751

関連リンク

このアーティストの関連記事