Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【ライブレポート】「一生俺たちのセンスに付いてきてください!」 フレデリック 対バンツアー、初日ライブレポート!

【ライブレポート】「一生俺たちのセンスに付いてきてください!」 フレデリック 対バンツアー、初日ライブレポート!

2018.07.13

umimoya_0548.jpgumimoya_1117.jpg
 
フレデリックの東名阪対バンツアー「UMIMOYASU〜巡り巡りゆくシンセンス〜」が7月12日、大阪・BIGCAT公演からスタートした。
 
フレデリックがインディーズ時代から開催している主催イベント「UMIMOYASU」。今回もポルカドットスティングレイ(大阪)/雨のパレード(名古屋)/UNISON SQUARE GARDEN(東京)と各公演ごとに多彩なゲストバンドのラインナップが実現、全公演ともソールドアウトとなっている。
 
ツアー初日の大阪公演、まずはゲストのポルカドットスティングレイが登場。「テレキャスター・ストライプ」など代表曲から最新ミニアルバム『一大事』の楽曲、フレデリックの「KITAKU BEATS」カバーまで凝縮した強力なセットリストで、冒頭から圧巻の高揚感を巻き起こしてみせる。
 
「フレデリックの(三原)康司(Ba.)さんと仲良くなりたいので、粗品を持ってきました!」と舞台袖からバナナを持ち出すウエムラユウキ(Ba.)。「後輩ですけど、ブチコロシに来ました!」と闘争心を弾けさせる雫(Vo.・Gt.)。「エレクトリック・パブリック」で一面の「誰のせい?」「Yes!」コール&レスポンスを呼び起こし、満場の多幸感を刻一刻と高めていた。 
 
umimoya_1404.jpgumimoya_1859.jpg
 
そしてフレデリック。「オドループ」などキラーナンバーはもちろんのこと、自主企画ならではのレアな選曲、さらにポルカドットスティングレイへの“カバー返し”として「テレキャスター・ストライプ」まで幅広く披露。
 
今年4月には地元・神戸のワールド記念ホールで初のアリーナワンマンライブを成功させたフレデリック。さらなる進化の真っ只中にある4人の躍動感が、ライブの随所で会場を高らかなクラップとシンガロングへと導き、むせ返るような熱気に包まれたBIGCATのフロアをさらなる多幸感と狂騒感で満たしてみせる。
 
「ここ2〜3年ぐらい、フレデリックって対バンツアーをまったくしてなくて。ワンマンライブでしっかり自分たちの軸を組み立てて、アリーナでちゃんとみんなで楽しめたから。じゃあ、次何やるか?ってなった時に、自分たちの好きなものをみんなと共有したいなって。ポルカ、最高やったね!」。そんな健司の言葉に応えて、熱い拍手が沸き起こる。
 
umimoya_2471.jpgumimoya_2186.jpg
 
ツアー前日にリリースされたばかりの新作EP『飄々とエモーション』からの楽曲も次々に演奏していたこの日のフレデリック。タイトなグルーブ感に満ちた「シンセンス」、この日がライブ初披露となったクール&ポップなナンバー「NEON PICNIC」……その中でも破格のスケール感を生み出していたのが、「一生俺たちのセンスに付いてきてください!」という健司のメッセージとともに放たれた表題曲「飄々とエモーション」だった。
 
高橋武(Dr.)&三原康司の骨太なビート感。赤頭隆児(Gt.)の研ぎ澄まされたギターワーク。そして、健司&康司の歌声が響き合い描き出す壮大なメロディ―。4月の神戸ワンマンでいち早く披露されていたこの曲が、BIGCATのフロアにアリーナ級のロックの風景を繰り広げ、オーディエンスを力強い大合唱へと誘っていく。昨年のミニアルバム『TOGENKYO』で打ち出した自らの「桃源郷」を超えて、さらなる「その先」の次元へと進もうとするバンドの決意を、その歌とアンサンブルがリアルに伝えていた。
 
umimoya_2019.jpgumimoya_2538.jpg
 
ライブ中には「“本家”見したる!」(健司)という宣言とともに、ポルカがカバーした「KITAKU BEATS」をひときわワイルドに轟かせてフロアを揺らし「先輩」の迫力を見せつける一方で、ポルカ・ウエムラのMCを受けてアンコールでは康司がバナナを持って登場する一幕も。ロックシーンの「今」と「これから」を担う二組が、最高の形で響き合った一夜だった。
 
7月13日(金)の名古屋・THE BOTTOM LINE公演には雨のパレード、19日(木)の東京・マイナビBLITZ赤坂公演にはUNISON SQUARE GARDENがゲストアクトとして出演する。
 
また、7月15日(日)にはソールドアウトになった初の神戸でのアリーナワンマンライブの映像が全国18ヶ所の映画館で観られる「FREDERHYTHM THE MOVIE~KOKYOのTOGENKYO Live at神戸 ワールド記念ホール~」を開催する。上映後にはメンバーの舞台挨拶も行われ、その様子も全国の映画館に生中継することとなっている。
 
umimoya_2531.jpg
 
さらには、今週リリースの「飄々とエモーション」に封入される、秋のツアー「FREDERHYTHM TOUR 2018〜飄々とインセプション〜」のチケット封入先行が7月16日(月)23:59まで、封入応募特典は7月15日(日)23:59までの締め切りとなっている。(文:高橋 智樹 写真:渡邉 一生)

商品情報

EP「飄々とエモーション」

2018.07.11 Release

Live Info.

<FREDERHYTHM THE MOVIE~KOKYOのTOGENKYO Live at神戸 ワールド記念ホール~> 
特設サイト:http://liveviewing.jp/frederic/ 
日時: 2018年7月15 日 (日) 19:00開演
会場: 全国18劇場
 
≪料  金≫ 
メンバー登壇会場(ユナイテッド・シネマ豊洲) 3,000円(全席指定/税込)
ライブ・ビューイング会場(全国各地の映画館) 2,500円(全席指定/税込)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
 
≪チケット≫
各劇場にお問い合わせください。
 
<ライブ情報> 
■FREDERHYTHM TOUR 2018〜飄々とインセプション〜 
2018年11月23日(金・祝)横浜Bay Hall
2018年12月1日(土)新潟LOTS
2018年12月2日(日)富山MAIRO 
2018年12月7日(金)金沢EIGHT HALL
2018年12月15日(土)高松festhalle
2018年12月16日(日)広島BLUE LIVE
2019年1月20日(日)岡山CRAZYMAMA KINGDOM 
 
■対バンツアー「UMIMOYASU 〜巡り巡りゆくシンセンス〜」
 
7月13日(金)愛知 THE BOTTOM LINE
w/雨のパレード
OPEN/START 18:00/19:00
 
7月19日(木)東京 マイナビBLITZ赤坂
w/ UNISON SQUARE GARDEN 
OPEN/START 18:00/19:00
 
チケットはすべてSOLD OUT

関連リンク

このアーティストの関連記事