トップ > ニュース > VALSHE "この世こそ、美しい。" 前作の世界観を引き継いだコンセプトアルバムリリースが決定! 更に、「YAKUMO」の名を冠したライブツアーも同時発表!

VALSHE "この世こそ、美しい。" 前作の世界観を引き継いだコンセプトアルバムリリースが決定! 更に、「YAKUMO」の名を冠したライブツアーも同時発表! 2018.06.13

val_miniAL05_konjyo_ap_web.jpg
 
今年3月に、従来のデジタルロックサウンドに「和」のテイストを加えた意欲作シングル「激情型カフネ」をリリースしたVALSHEが、通算5枚目となるミニアルバム「今生、絢爛につき。」のリリースを発表。前作シングルのサウンドから、より「和」の色合いを強めたコンセプトアルバムとなっている。一方、ジャケットをはじめとしたビジュアルワークは黒を基調とした前作とは一線を画した色彩豊かな仕上がり。ビビッドでコントラストの強い色調は、国内にとどまらず海外からの「WA」の目線も強く意識されている。
 
表題曲「今生、絢爛につき。」は「激情型カフネ」で展開されたストーリーの“エピソードゼロ”的な世界観を内包した、ストーリー性のある一曲。ダンサブルなクラブサウンドをベースとしながら、三味線・琴を主体とした“和ダンス曲”に仕上がっている。
 
「追想の理」は自身も声優として出演するTVアニメ「信長の忍び」の第4期オープニング曲。アニメの世界観ともリンクした和風ロックサウンドにのせ、哀愁とも決意とも取れる二面性を持った歌詞を力強く歌い上げる。
 
世界観を今回の表題曲と共にしている「激情型カフネ」や、VALSHEの楽曲を多数提供しているコンボーザー“doriko”とのコラボレーション楽曲、これまでのVALSHEにはなかった「和」を前面に出したバラードなど、6曲のボーカルトラックは6曲6様のまさに“絢爛”なラインナップ!極彩色に彩られたビジュアルワークと共に、眩暈を起こしてしまいそうな華美狂乱の世界を堪能してほしい。
 
更に同日、上記アルバムを引っさげたライブツアーの告知も同時に発表された。「VALSHE LIVE TOUR 2018 YAKUMO」と題されたライブツアーの内容は明らかになっていないものの、これまでのライブとは一味違った「和」の雰囲気を感じられそうだ。9月23日・24日の大阪・名古屋公演を経て千秋楽は10月6日、マイナビBLITZ赤坂で行われる。今年の秋は艶やかで激しく、そして熱いVALSHEのための秋となりそうだ。
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo