Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース西城秀樹の43年前の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』が7月17日(火)に東京・名古屋・大阪の3Zeppにて上映決定! 二十歳の"ヤングマン"ヒデキのライブを疑似体験!

西城秀樹の43年前の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』が7月17日(火)に東京・名古屋・大阪の3Zeppにて上映決定! 二十歳の"ヤングマン"ヒデキのライブを疑似体験!

2018.06.13

【メインビジュアル】6月13日(水)13時ー解禁 西城 映画『BUH』@Zepp(110107eiga)7.17上映.jpgいまでもテレビCM等で多数起用され、時代を超えた名曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「傷だらけのローラ」、「ギャランドゥ」、「情熱の嵐」、「ブルースカイ ブルー」、「激しい恋」、「ブーメランストリート」、「愛の十字架」等々、人々の記憶に残る名曲の数々を唄ってきた永遠のスーパースター、西城秀樹。
しかし5月16日深夜、惜しまれながらも63年の生涯に幕を閉じた。

【A写(サブ㈪)】6月13日(水)13時ー解禁 西城 映画『BUH』@Zepp(110107eiga)7.17上映.jpgいまから遡ること43年前、二十歳になったばかりの西城秀樹の情熱あふれるステージを3ヶ月余りにわたって追い続けた、西城秀樹初のドラマティック・ドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』(1975年10月公開作品)が、来たる7月17日(火)にZepp DiverCity(東京)、Zepp Nagoya(愛知)、Zepp Namba(大阪)で上映されることが決定した。
ライヴハウスZeppのPA音響システムを駆使し、ライブ級の音圧と巨大画面で魅せる「110107eiga」(読み:イイオトナエイガ)にて、この日限りの再上映となる。

【A写(サブ㈫)】6月13日(水)13時ー解禁 西城 映画『BUH』@Zepp(110107eiga)7.17上映.jpg『ブロウアップ ヒデキ』は、1975年7月20日から8月24日まで全国15か所31回の公演を行なった『西城秀樹・全国縦断サマー・フェスティバル』の模様を収録。4月に二十歳を迎えたばかりのヤングマン、西城秀樹のステージを3か月余りにわたって追い続けた。
前年にリリースした「傷だらけのローラ」のビックバンで、一躍大スターとなったヒデキの熱気あふれるステージを記録した貴重な映像だ。
1975年7月20日、富士山麓の特設野外ステージを皮切りに西城秀樹初の全国縦断ツアーがスタート。札幌、秋田、盛岡、仙台、広島など、日本各地をまわったその踏破距離はおよそ5,000キロにも及ぶ。そして最終日の8月24日、大阪球場のマンモス・スタンドを大観衆で埋め尽くしたエンディング・フェスティバルまで完全収録。

【A写(サブ)】6月13日(水)13時ー解禁 西城 映画『BUH』@Zepp(110107eiga)7.17上映.jpg趣向をこらした大胆なショー構成、巨大なスピーカーボックスから響きわたるサウンドと、キレのあるパフォーマンスで観客を魅了するヒデキの姿を10台の劇場用カメラにてフィルムに捉えた本作は、製作スタッフ約400名、製作日数95日、フィルム使用料10万フィート(18時間30分ぶん)という当時では特大規模のプロジェクトとなった。
熱量あふれるステージ・パフォーマンスだけでなく、旅の合間に1日設けられたオフに沖縄の砂浜で夏を楽しむ西城の姿も披露。
さらにステージを降りて1人の青年に戻った西城が、ためらいながらも自分の言葉で青春や愛を語るインタビューも記録されている。
元のフィルムより、最新の技術を駆使して画と音を"レストア&リマスタリング"しており、綺麗な映像と驚愕の音質で蘇る点も見逃せない。

なお、このZeppでの上映会は生前の西城秀樹からも了解を得ていたもの。昭和が生んだ伝説のスーパーノヴァ、西城秀樹の情熱1000%ライブを疑似体験できる絶好のチャンスと言えるだろう。
チケット先行受付は、本日6月13日(水)13:00より開始される。

【A写(メイン)】6月13日(水)13時ー解禁 西城 映画『BUH』@Zepp(110107eiga)7.17上映.jpg正直あの頃の記憶がほとんどありません。
40年前、自分が一体何をやっていたのか。ただただがむしゃらに突っ走っていただけでした。とにかく人の喜ぶことがしたい。おもしろそうだと思うこと何でもやってみたい。それが全てだったと思います。(中略)改めて映像を観てみると、次は一体何をやらかすんだろうと、ワクワクしながら二十歳の西城秀樹を見ている僕がいました。また、あの頃は気づきませんでしたが、70年代のいとなみが映像として随所に描かれていて、僕が大好きだったウッドストックの映画に雰囲気が似ていたのも新たな発見でした。携帯電話も無かった時代、全てが手作りでみんなが一つの目標に向かってがむしゃらになっていたあの頃、しみじみ良い時代だったと思います。──西城秀樹(2015年4月映画『ブロウアップ ヒデキ』DVD化時コメントより抜粋)

商品情報

ドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』

1975年10月公開作品
【キャスト】西城秀樹
【構成・監督】田中康義
【企画】青木伸樹
【製作】瀬島光雄
【撮影】坂本典隆/羽方義昌

【収録楽曲】
01. ブローアップ・マン
02. 悲しみのアンジー(ローリング・ストーンズのカバー)
03. 恋の暴走
04. 情熱の嵐
05. グッド・バイ・ガールズ
06. 愛の十字架
07. 傷だらけのローラ
08. この愛のときめき
09.旅は気ままに
10. 激しい恋
11. 青春に賭けよう
12. 至上の愛

Live Info.

二十歳のヤングマン! 西城秀樹43年前のドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』この日限りのライヴハウス上映@Zepp東名阪
【英題】BLOW UP HIDEKI
【日程】2018年7月17日(火)
【開場】午後2:30 【開映】午後3:00
【会場】Zepp DiverCity(東京)、Zepp Nagoya(愛知)、Zepp Namba(大阪)
【券種】①プレミアム・エリア・シート(全席指定) ②一般自由席
【企画・主催】株式会社Zeppホールネットワーク、株式会社ソニー・ミュージックダイレクト
【提供】松竹株式会社-芸映プロダクション
【協力】株式会社アースコーポレーション
Ⓒ1975松竹株式会社
1975年/日本/87分/16×9 LBシネスコサイズ/カラー

【チケット】税込/ドリンク代別 本日6月13日(水)13:00よりチケットぴあにて先行受付開始
《前売券》①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,000円(税込)/②一般自由席:3,000円(税込)
《当日券》①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,500円(税込)/②一般自由席:3,500円(税込)
※ご入場時に、別途ワンドリンク代(500円)をいただきます。
※プレミアム・エリア・シート:会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。
【プレリザーブ(抽選)】2018年6月13日(水)13:00〜6月25日(月)23:59

◎チケットぴあ:
・席種:①プレミアム・エリア・シート(指定席)/②一般自由席
・URLはこちら(Pコード:558-535/東京・名古屋・大阪共通)
・電話受付(自動音声)0570-02-9999(Pコード:599-746=東京、599-852=名古屋、599-747=大阪)

【一般販売(先着)】2018年6月29日(金)15:00〜2018年7月16日(月・祝)23:59
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

◎チケットぴあ:
・席種:①プレミアム・エリア・シート(指定席)/②一般自由席
・URLはこちら(Pコード:558-535/東京・大阪共通)
・電話受付(自動音声)調整中
WEBからお申込みの上、セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎イープラス:
・席種:②一般自由席
・URLはこちら(PC、モバイル共通)
WEBからお申込みの上、ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。または、全国のファミリーマート店内のFamiポートから、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎ローソンチケット:
・席種:②一般自由席
・URLはこちら(PC、モバイル共通、Lコード:70939)
WEBからお申込みの上、ローソン、ミニストップでチケットをお受取ください。または全国のローソン、ミニストップの店内端末「Loppi」から、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

当日券(先着)】2018年7月17日(火)〜時間未定
※一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。

◎各会場(Zepp DiverCity、Zepp Nagoya、Zepp Namba)のチケットカウンターでも販売いたします。
※各会場での販売は、一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。
※発売開始日時は、各会場へ直接お問い合わせください。

◎チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットでも販売いたします。
※販売方法は、一般発売と同様です。

《チケットに関するお問合せ》
※購入方法の詳細、会員登録の方法、当選メール紛失、発券方法などチケットに関するお問い合わせは、お手数をおかけいたしますが、ご利用になられたプレイガイドの下記お問い合わせ先へご連絡ください。
【チケットぴあ】TEL:0570-02-9111 またはこちらまで
【イープラス】こちらのURLを参照ください
【ローソンチケット】TEL:0570-000-777 またはこちらのアドレスまで

関連リンク

このアーティストの関連記事
haku
lpo