トップ > ニュース > メタルと共にあらんことを! シュガー吉永と吉村由加によるテクノ・ミーツ・メタルバンド"METALCHICKS"(メタルチックス)が8年振りに本格再始動!

メタルと共にあらんことを! シュガー吉永と吉村由加によるテクノ・ミーツ・メタルバンド"METALCHICKS"(メタルチックス)が8年振りに本格再始動! 2018.05.24

METALCHICKS_2018s.jpgBuffalo Daughterのギタリスト、シュガー吉永と、元DMBQ/ OOIOOのドラマー、吉村由加による“グラインド・テクノ・ミーツ・メタルバンド”=METALCHICKS(メタルチックス)が8年振りに本格再始動する。

METALCHICKSは、2000年にシュガーが「女性のみのメタルバンドを作ろう!」と吉村に声を掛けて結成。
2005年発売の1stアルバム『METALCHICKS』は、インダストリアルなシンセリフ、切り刻むドラムンベース・ビート、ゴアトランスの硬質さとボコーダーをフィーチャーしたデジタルヘヴィロック・アルバムとなり、音楽ファン、DJ、音楽クリエーターたちから熱い支持を受け、収録インスト曲はTV番組のジングルやBGMとして今でも使われている。

翌年発売の2ndアルバム『St. Wonder』は一転、ミニマルなエレクトロニクスやバロック・クラシック音楽に影響を受けたコーラスやオルガン、ポップなテクノチューンなど新たなアプローチも網羅した、映画『笑う大天使』のサウンドトラック。
収録曲の「Tears For Fears/ Conspiracy」はアメリカのLife Lineレーベルより12インチEPとして発売され、北欧のDJ・プリンストーマスのミックスCD『Cosmo Galactic Prism』にも収録されるなど、フロアDJからの注目を浴びた。

また、国内外のツアー、フェスティバルにも積極的に参加。2005年から2008年の間にアメリカ、カナダ、イタリアの音楽フェス、日本ではFuji Rock Festivalに出演を果たし、Sonic Youthの日本公演の前座や、アメリカ西海岸・テキサスツアー、The Birthday、フリクションとの国内ツアーに参加するなど、数多くのライブ活動も行なった。

mtl_logo-bw_2560_1430s.jpgそして2017年、吉村の結婚パーティーで演奏したのを機に活動再開を宣言し、RedBull Studio Tokyoにてゲスト・ベーシストを迎え(後日発表予定)、アルバム制作に着手。

今年、2018年は「メタルと共にあらんことを!」を合言葉に、5月には東北と北海道ツアーも決定し、アルバムも発売予定。本格的な再始動=“METALCHICKS Reborn”の一年となる。

なおツアーでは、新曲「LADDER (Wedding March)」と未発表曲を収録した2曲入りのカセットテープが先行販売されるので、いち早く入手したい方はライブに足を運ばれることをお勧めしたい。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo