トップ > ニュース > リアル3区が活動休止を発表。ニューアルバム「だいたいかんちがい」5月2日リリース、下北沢SHELTERでレコ発ラストワンマンライブも決定。

リアル3区が活動休止を発表。ニューアルバム「だいたいかんちがい」5月2日リリース、下北沢SHELTERでレコ発ラストワンマンライブも決定。 2018.03.09

real3ku01.jpg
 
3人組ハードコアガールポップバンド・リアル3区が、3rdミニアルバム「だいたいかんちがい」を5月2日にリリースし、5月13日開催のワンマンライブをもって活動休止することを発表した。
 
前作「ドンキ行くけどなんかいる?」でヤンキーカップルの切ない恋愛模様を描き、独自の存在感を示したリアル3区。約1年9カ月ぶりのニューアルバムは、下北沢SHELTERの新レーベル・SHELTER UNITEDからのリリースとなる。
 
アルバムのタイトル曲「だいたいかんちがい」はポップなメロディとエモーショナルなラップが光るリアル3区流の人生賛歌。 その他、シリアスなR&Bチューン「ロンリープラネットバスター」、アッパーな宴会ソング「サカバノミニケーション」 など粒ぞろいの新曲7曲が収められる。
 
real3ku02.jpg
 
またボーナストラックとして、リアル3区がヤムウンセンズ名義で発表した2曲「WARNING」と「SOUP」も収録される。 これは渋谷直角によるコミック「デザイナー渋井直人の休日」(宝島社)の作中に登場する架空のバンド・ヤムウンセンズの楽曲を、リアル3区が覆面バンドとして書き下ろしたもの。2017年9月のコミック発売時に購入特典としてカセットテープのみで配布され、一部ファンの間で話題を集めたナンバーがこのたび初めてCD化される。
 
ニューアルバムを携えてのレコ発ライブは、5月13日(日)下北沢SHLETERにて「リアル3区 1stワンマンライブ『LAST THANK』」と題して開催。これを最後にバンドは活動を休止することが明らかになっている。
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo