Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース「博多のラトルズ」ことゴーグルズのトリビュート・アルバム第2弾参加アーティスト発表! 奥田民生、加藤ひさし、GOING UNDER GROUNDら6組がビートリーな怪カバーを披露!

「博多のラトルズ」ことゴーグルズのトリビュート・アルバム第2弾参加アーティスト発表! 奥田民生、加藤ひさし、GOING UNDER GROUNDら6組がビートリーな怪カバーを披露!

2018.03.09

ゴーグルズTributeJKT写.jpg4月1日のエイプリル・フールにリリースされる「博多のラトルズ」こと、ゴーグルズのトリビュート・アルバムの第2弾となる参加アーティストが明らかになった。

今回発表されたアーティストは、奥田民生加藤ひさし&1966カルテットGOING UNDER GROUNDホッピー神山とジャイケル・マクソンズTHE BOHEMIANS、永井真理子の6組。既発の5組(伊藤銀次キノコホテル1966カルテット百々和宏[MO'SOME TONEBENDER]藤原さくら)を加え、全11アーティストのラインナップが確定した。

ゴーグルズはFAB4こと「あの有名な4人組」のパロディ・ソングだけを造り続けるというコンセプトで結成された福岡のロック・バンドで、博多のラトルズとも呼ばれる。
かのRAMONESやOKAMOTO'Sのようにメンバー全員がEJ GOOGLE、TK GOOGLEといった具合にゴーグル姓を名乗り、マッシュルーム・カットにゴーグル着用という出で立ちで1999年頃から博多を中心に活動している。FAB4愛に溢れ、限りなくホンモノに近く絶妙にハズしたオリジナル曲(?!)は、ミュージシャンやごく一部のマニアから熱烈に支持されてきた。

今回のトリビュート・アルバムに参加するのは、そんな変態バンドに魅了されてきたミュージシャンたち。
ボーカルのEJ GOOGLEと20年近く親交がある奥田民生は、「Twist And Shout」に似てるようで似てない「TWITT AND CHATT」(ツイット・アンド・チャット)を唄う。

THE COLLECTORS加藤ひさしは「I Call Your Name」と「I Want To Hold Your Hand」が混ざったようなテイストの「I WANNA CALL YOU NAME」(抱きしめてみたい)を、レーベル・メイトの1966カルテットと共にストリングスとピアノのアレンジでカバー。

GOING UNDER GROUNDは「HELP」から「P」が減った「HELL」(減る)に、自分たちが思いつくネタも加え、もはや元曲が何だかわからないほど絶妙に昇華させた。

ゴーグルズの1stアルバム『マジカル・ミステリー・チューンズ VOL.1』をプロデュースしたホッピー神山は、セッション・ドラマーとして活躍する湊雅史、ボーカルに高円寺百景のAHとのユニット「ジャイケル・マクソンズ」名義で参加。曲は自身がプロデュースしたアルバムの1曲目に収められた「PLEASE FREEZE ME」(プリーズ・フリーズ・ミー)。

「恋におちたら」の邦題で知られる名曲を「恋」ならぬ「下位」で外した「IF I FAIL」(下位に落ちたら)をカバーするのは、ゴーグルズ・ファンを自称し、博多で共演も果たしたTHE BOHEMIANS

ベースのJJ GOOGLEがサポートを務める縁で参加したのは永井真理子。「JUDE」ならぬ「HEY DROID」(ヘイ・ドロイド)をゴーグルズとは違った解釈で披露している。

原曲を透けて見えさせながら外すというゴーグルズ流の職人芸を継承しつつ、各々のミュージシャンが独自のエッセンスを加えた怪作(?!)が並ぶトリビュート・アルバム『マジカル・ミステリー・カヴァーズ』は4月1日、エイプリルフールに発売。
6月には東京でアルバム参加アーティストらが出演するレコ発記念のライブも予定されているとのことで、こちらも楽しみだ。

なお、このトリビュート・アルバム参加アーティストから選曲の理由、ゴーグルズについて語るコメントが届いているので紹介しよう。

03奥田民生.jpg奥田民生/TWITT AND CHATT(ツイット・アンド・チャット)
EJ GOOGLE(ボーカル)に、これにせえ! と言われたから。
ゴーグルズは20年近く前から知ってます。その頃レコーディングを手伝ったりもしたので、曲は結構知ってます。
楽しい曲が多いので、これからもたくさん作ってほしいです。

01加藤ひさし.jpg加藤ひさし(THE COLLECTORS)/I WANNA CALL YOU NAME(抱きしめてみたい)
確かゴーグルズを知ったのは20世紀の終わりか21世紀の始め頃だったと思います。音楽好きの博多の友人がお店のBGMにゴーグルズを流していました。一瞬にして歌詞の面白さとユニークなサウンドにやられました。元々、僕はビートルズもラトルズも大好きだったので自然にゴーグルズ・ファンになりました。
僕が選んだ曲は「抱きしめてみたい」。この曲を通常のエレキギターバンドのアレンジを離れて弦楽とピアノで表現したいと思いました。なぜなら本家のビートルズも「エリナー・リグビー」や「イエスタデイ」などなどクラッシックアレンジの名曲が沢山あるからです。僕のバックを務めてくれるのは同じ日本コロムビアの後輩である1966カルテット。電気楽器を使ってないゴーグルズは英国フレーバーの博多味! お楽しみに!

06GUG.jpg中澤寛規(GOING UNDER GROUND)/HELL(減る)
初めてゴーグルズの音源を聴いた感想は「うらやましい〜」でした。
だって大好きなビートルズのネタで、こんなにも粋にロックしてるバンドが日本にいるなんて。
だから今回の「Hell!」は、僕らも思いつく限りのネタを散りばめて遊び倒しましたよ。
ゴーグルズの皆さんに「この手があったか!」と思ってもらえれば最高の賛辞です。
どうでしょ?

08ホッピー神山.jpgホッピー神山/PLEASE FREEZE ME(プリーズ・フリーズ・ミー)
自分が手がけたアルバム(※)の1曲目という幸先の曲だったので、この曲を選びました。
ゴーグルズとは、吉野ヶ里(佐賀県)にあったAmp Galleryでのイベントで対バンをした際に、自分から声をかけたのが最初です。ゴーグルズは、ビートルズのノベルティー・バンドではなく、非常にCoolなガレージパンク・バンドだと思っています。
※=ホッピー神山はゴーグルズの1stアルバム『マジカル・ミステリー・チューンズ VOL.1』をプロデュース。

05ボヘミアンズ.jpg平田ぱんだ(THE BOHEMIANS)/IF I FAIL(下位に落ちたら)
歌詞がいいと思ったから! この曲を選びました。
2008年くらいにMyspaceで聴いたのが最初で、その後、ゴーグルズのmixiコミュティにも入ってました!
2011年に初めて自分らのツアーで福岡でロックやることなった時、「そうだゴーグルズは福岡のバンドだ!」って思って、対バンを依頼し、出会いました! ゴーグルズはシャレが効いているから好きだ! やった!

11永井真理子.jpg永井真理子/HEY DROID(ヘイ・ドロイド)
ゴーグルズの音楽は、2013年にベースのJJ.ゴーグルさんを通して知りました。ライブに行かせて頂いたりで楽しませてもらってます。
今回のアルバムで「HEY DROID」(ヘイ・ドロイド)を選曲した理由は、シンプルなメロディの中に切なさや優しさが沢山存在していて、「私なりに料理できたら楽しいだろうなぁ」と直感的に思えたから。出来上がりもゴーグルズさんとは一味違う「ヘイ・ドロイド」になったのでは?(笑)

商品情報

V.A.
ザ・ゴーグルズ トリビュート・アルバム
マジカル・ミステリー・カヴァーズ

2018年エイプリルフール(4月1日)発売
2,800円(税込)/ MKR-006

【収録曲・参加アーティスト】
01. I WANNA CALL YOUR NAME(抱きしめてみたい)/加藤ひさし&1966カルテット
02. TICKET TO TOKYO(成田の乗車券)/伊藤銀次
03. TWITT AND CHATT(ツイット アンド チャット)/奥田民生
04. ALL I HAVE TO DO(本来ならDO)/藤原さくら
05. IF I FAIL(下位に落ちたら)/THE BOHEMIANS
06. HELL(減る)/GOING UNDER GROUND
07. PLEASE FREEZE ME (プリーズ フリーズ ミー)/ホッピー神山とジャイケル・マクソンズ
08. BOY(ボーイ)/1966カルテット
09. I FEEL WINE(アイ フィール ワイン)/キノコホテル
10. ROLL OVER BAUMKUCHEN(バームクーヘンをお裾分け)/百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)
11. HEY DROID(ヘイ ドロイド)/永井真理子

Live Info.

Tribute album『MAGICAL MYSTERY COVERS』リリース記念
ザ・ゴーグルズ大試聴会

2018年3月31日(土)14:00〜 福岡:六本松 蔦屋書店ミュージックスペース
料金:無料
2018年4月1日エイプリルフールに「博多のラトルズ」ことTHE GOGGLES(ザ・ゴーグルズ)のTribute album『MAGICAL MYSTERY COVERS』がリリース決定!
今回はこのトリビュートアルバムの大試聴会だ!
ザ・ゴーグルズによる池上彰よりわかりやすい原曲の解説(ん? 原曲の原曲?)や参加ミュージシャン紹介。またライブもあり!
そしてフラゲ日であるのでこのトリビュート盤販売&サイン会もあり! 熱い1日になりそうだ!

関連リンク

このアーティストの関連記事