トップ > ニュース > チャットモンチー、橋本絵莉子が、いしわたり淳治唯一の著作にて声でコラボへ

チャットモンチー、橋本絵莉子が、いしわたり淳治唯一の著作にて声でコラボへ 2017.09.25

Chatmonchy_2017.04_A-Photo [main]-001.jpgいしわたり淳治.jpg
 
チャットモンチーのデビュー作や、デビュー当初の作品にプロデューサーとして関わったいしわたり淳治氏の著書『うれしい悲鳴をあげてくれ』。2014年の発売以来累積部数20万部を超えるロングセラーとなり、今再び注目を浴びている。
 
収録されている55篇中、短編小説「顔色」の朗読を橋本絵莉子が担当した。9分ほどの朗読音源となっており、チャットモンチーでのプロデュース関係以来久々に、今回は声でのコラボレーションとなる。
 
この音源はオーディブック版『うれしい悲鳴をあげてくれ』に収録予定で、10月31日より日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」にて配信を開始。また、9月25日より期間限定で筑摩書房特設サイトから無料で試聴できるようにもなっている。
 

 
■橋本絵莉子コメント
朗読のお仕事は、これが初めてでした。
私なりに少しお芝居してみました。 とても楽しかったです。
文章を声に出して読んでみて、本の新たな楽しみ方に気付きました。
橋本絵莉子(チャットモンチー)
 
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo