トップ > ニュース > くるり脱退後、さらなる才能が開花。 京都という街で吉田省念が培ったポストフォーク大名盤の誕生!!

くるり脱退後、さらなる才能が開花。 京都という街で吉田省念が培ったポストフォーク大名盤の誕生!! 2017.09.13

吉田省念2017 main(1).jpg
 
くるり脱退後、完全セルフプロデュースによる瑞々しくも煌びやかなサウンドで衝撃を与え、正統ロック~ルーツサウンド~フォーク/ブルースに根差し、アヴァンギャルドサウンドまで、京都ならではのゆったりとしつつも濃密な温かい空気を凝縮~熟成させた、メロディアスで爽快な傑作ポップ・アルバム『黄金の館』に続く等身大、吉田省念待望のニューアルバム完成。
 
ゲストミュージシャンを迎えながらも殆んどの演奏を自ら行い、丁寧に構築されたサウンドワークス。クラウス・ディンガー(NEU, ex.KRAFTWERK)と共に音楽活動を行っていたエンジニア尾之内和之を迎え"省念スタジオ"で全て収録。古都京都から虹色のシャワーが降り注ぐ。大滝詠一~鈴木慶一ファンにもオススメの一枚。
 
 
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo