トップ > ニュース > "キング・オブ・ホンキング・サキソフォン"の異名を持つ「ビッグ・ジェイ・マクニーリー」と日本が世界に誇るジャンプ・バンド「ブラッデスト・サキソフォン」が作り上げた史上最強のスタジオ録音盤、本日発売!

"キング・オブ・ホンキング・サキソフォン"の異名を持つ「ビッグ・ジェイ・マクニーリー」と日本が世界に誇るジャンプ・バンド「ブラッデスト・サキソフォン」が作り上げた史上最強のスタジオ録音盤、本日発売! 2017.06.23

recording member.jpg極上のビンテージ・サウンドでジャンプ/ジャズを体現する「ブラサキ」ことBloodest Saxophoneが、今年90歳を迎えた伝説のテナーサックス奏者・ビッグ・ジェイ・マクニーリーとタッグを組んだスタジオ録音盤『BLOODEST SAXOPHONE feat. BIG JAY McNEELY』が本日6月23日(金)に発売された。

BIG JAY McNEELY1.jpgいまだ創作意欲が衰えぬ偉大な帝王に最大級のリスペクトを込めたビッグ・ジェイ・マクニーリー生誕90周年記念アルバムとして位置付けられた本作は、2015年に二度目となるブラサキとの共演を実現するためビッグ・ジェイが来日した際にレコーディングされた(当時、ビッグ・ジェイは88歳)。
一夜限りの東京公演を前にブラサキとビッグ・ジェイは山中湖のスタジオに籠り、夜が明けるまでセッションを繰り広げ、名曲のカバーからブラサキのオリジナル曲、ビッグ・ジェイのオリジナル曲をセルフカバー、さらに新曲まで披露している。
また、ゲスト・プレイヤーとして伊東ミキオ(piano, key)、山崎哲也(per)が参加して作品に彩りを与えているのも聴き逃せない。録音は、ヴィンテージ・サウンドの名手であり、ブラサキと数々の名サウンドを生み出してきた盟友シュガー・スペクターが担当している。

BIG JAY McNEELY2.jpgブラサキのリーダー、甲田“ヤングコーン”伸太郎(テナーサックス)とビッグ・ジェイによる日米ホンカー対決は鳥肌もので、ビッグ・ジェイのパワフルなブロウ・サックスはもちろん健在。心の奥底が熱くなるブルースな歌声も披露している。リズム&ブルース〜ジャズ〜ロックンロールとあらゆるルーツ・ミュージックが詰まった一枚と言えるだろう。ビッグ・ジェイの魂をブラサキが継承し、次世代へと繋ぐ歴史的名盤の誕生だ。

SPACE006_360RGB.jpgなお、このアルバムの発売を記念して、レコーディング風景を収めたミュージックビデオ「HOT SPECIAL」が本日公開された。白熱のセッションが垣間見られる貴重な映像と言えるだろう。
ブラサキは明日6月24日(土)、恒例の“Snuck 宇宙”@下北沢440を開催。『BLOW BLOW ALL NIGHT LONG』からのヒップなナンバーの数々が披露されることに期待したい。
 

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo