トップ > ニュース > 「感覚ピエロ」秋月琢登氏、JIJI INC.設立し、独立自営で、 エンタテインメントビジネスに対し、新たなルールを創造!」

「感覚ピエロ」秋月琢登氏、JIJI INC.設立し、独立自営で、 エンタテインメントビジネスに対し、新たなルールを創造!」 2017.03.21

感覚ピエロA.jpg
 
ロックバンド「感覚ピエロ」のギタリストであり、自主レーベル&マネジメントJIJI / JIJI RECORDS代表を務める秋月琢登氏が4月にJIJI INC.を設立する。自身の出資の他、 エイベックス・ベンチャーズ株式会社、株式会社エー・チームの出資で事業の支援も決定している。
 
今回「才能ある人材への投資・支援を行うベンチャーキャピタルモデル」を掲げ設立された投資会社「エイベックス・ベンチャーズ株式会社」からの出資を受けることが決定した。この「エイベックス・ベンチャーズ株式会社」では一般的なアーティスト契約ではなく、出資という形で支援、経営戦略・経営管理的なアドバイスも行っていく。秋月琢登がの自主レーベル&マネジメント「JIJI / JIJI RECORDS」は、「JIJI INC.」となり、「Just Imagine. Just Idea」の精神は変わらない。
 
JIJI INC.は、感覚ピエロを筆頭に、次世代のアーティスト、クリエイター、タレント等の創出を行っていく予定だ。
 
感覚ピエロは、2013年7月大阪にて結成後、確信的に中毒性の高い楽曲やミュージックビデオ、圧巻のライヴパフォーマンス等、音楽業界の既成概念や慣習にとらわれず、すべてメンバーの自主プロデュースで活動してきた。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「RADIO CRAZY」などの大型フェスにも多数出演しており、2016年6月にリリースされた「拝啓、いつかの君へ」は、宮藤官九郎が脚本を手掛けた日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌に起用された。また、藤原竜也・伊藤英明の初共演となるサスペンスエンターテインメント大作、『22年目の告白―私が殺人犯です―』(6月10日(土)より全国公開)主題歌に、書き下ろしの楽曲「疑問疑答」が決定している。さらに株式会社コロプラ「ぱにぱに」CMティザー映像も今月公開され、話題になっている。
 
今後、音楽業界を取り巻く環境が大きく変わっていく中で、自ら会社を設立したいというアーティストは増加する可能性がある。今回の設立はアーティストとエンタテインメント企業の関係を大きく変える革新的な出来事になるかも知れない。
 
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo