トップ > ニュース > 人間椅子の和嶋慎治、初の自伝『屈折くん』で奇想天外な半生を明かす

人間椅子の和嶋慎治、初の自伝『屈折くん』で奇想天外な半生を明かす 2016.12.28

obi.jpg怪奇派ロックバンド、人間椅子の中心人物、和嶋慎治による初の自伝『屈折くん』が2月1日に発売される。
家族に溺愛された幼少期から、ギターを猛練習した中学時代、人間椅子結成、そしてようやく音楽で食えるようになったという現在まで、これまでの人生を包み隠さず綴っている。
また、特別企画として和嶋と同郷の弘前出身で、同じ高校の卒業生であるシソンヌじろうとの対談、イカ天時代からの盟友・みうらじゅんとの対談も掲載。和嶋慎治のすべてが分かる一冊になっている。

solo.jpgこの発売に先駆けて、特典付きの限定版を予約販売(特設サイトはこちら)。書籍の他、アマチュア時代の未発表曲を含む和嶋厳選の秘蔵トラック、作詞作曲ノートのスキャンデータ、などなどを収めたCD-R。さらに限定復刻版のギターピック、和嶋考案のキャラクター「屈折くん」のステッカーセット+バッジセットを用意。こちらは200個限定となっているので、お買い求めはお早めに。

【著者プロフィール】
和嶋慎治(わじましんじ)

1965年12月25日生まれ。青森県弘前市出身。大学時代、高校の同級生であった鈴木研一とハードロックバンド「人間椅子」を結成。ギターとヴォーカルを担当。1990年、デビュー。ドラムのナカジマノブは2004年に加入。一時は低迷期を経ながらも休止はせず、地道に活動を継続。
2013年および2015年には、OZZFEST JAPANに出演し、近年再ブレイクの兆しを見せている。2016年、通算19枚目のアルバム『怪談 そして死とエロス』を発表。2017年2月1日には2枚組のライブアルバム『威風堂々〜人間椅子ライブ!!』をリリースする。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • mamono
  • lpo