トップ > ニュース > Gazelle(ASYLUM)、森川誠一郎(Z.O.A, 血と雫)、Atsuo(Boris)、掟ポルシェらが出演するトークイベントが阿佐ヶ谷ロフトAにて開催! 翌日にはライブイベントも!

Gazelle(ASYLUM)、森川誠一郎(Z.O.A, 血と雫)、Atsuo(Boris)、掟ポルシェらが出演するトークイベントが阿佐ヶ谷ロフトAにて開催! 翌日にはライブイベントも! 2016.05.20

TALK&MOVIE.BEFORE UGX.jpg来たる6月17日(金)、『FOOL'S MATE』、『TRANS RECORDS』、『SSE COMMUNICATIONS』を率いた故・北村昌士の命日に、Gazelle(ASYLUM)、森川誠一郎(Z.O.A, 血と雫)、Atsuo(Boris)、掟ポルシェらが出演するトークイベントが阿佐ヶ谷ロフトAにて開催される。

80年代中盤から後半にかけて日本のインディペンデント・シーンを席巻した『TRANS RECORDS』は、アンダーグラウンドで活動していた難解でアバンギャルドな音楽性を持った新しいグループを、ポップ且つキャッチーな言説と視覚的広告戦略で分かりやすく呈示してみせたレーベル。

それを更に押し進めた形で90年代のオルタナティヴ・シーンを牽引した『SSE COMMUNICATIONS』は、個々のグループがより深い音楽性を追求し、時代性とリンクしながらも、シーンに流されることのない、斬新で真のオルタナティヴなリリースを続けた。
これらの作品群は、音楽に対して純粋で偏見を持っておらず、普通とは何か違うものを追い求める若い世代に圧倒的な支持を得た。

そして『TRANS RECORDS』『SSE COMMUNICATIONS』の音楽は、10年、20年、30年近くも経った今も聴き続けられ、インターネットの普及により、音楽性のみならず当時の時代性を含めた熱い思いと共に受け継がれている。しかし当時の音源や映像、雑誌等が入手しづらい状況もあり、ネットによる情報の中には偏ったものも多く、若い世代に対して正しく俯瞰された情報とは言い難い部分もある。

このトークイベントは、Z.O.A、YBO2、ASYLUM、CANIS LUPUS等に在籍した当事者たちとレーベルに造詣の深い人物が集まり、証言することで当時から現在へと繋がる音楽と時代性の流れの補完作業を行なう試みであるという。

UGX_A2_poster.jpgさらにその翌日の6月18日(土)には新代田FEVERでライブイベントも開催される。
出演は、6年間の沈黙からこの日遂に再始動するASYLUM、国内はもとより今や世界的な活動も著しいBoris、ニュー・アルバムの完成が待たれる血と雫。この3グループすべてが初共演となる貴重なイベントと言えそうだ。なお、当日のフロアDJにはBACTERIAの川口トヨキを迎える。

ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • haku
  • lpo