トップ > ニュース > センチ岡田が作家の末井昭&歌人の枡野浩一と「親」についてのトークイベント開催、司会は芸人のニコ!ラッパーGOMESS&ジャズシンガー高橋絵美とのライブも!

センチ岡田が作家の末井昭&歌人の枡野浩一と「親」についてのトークイベント開催、司会は芸人のニコ!ラッパーGOMESS&ジャズシンガー高橋絵美とのライブも! 2015.12.17

naked1222_okada-548x411-548x411-thumb-450x337-52828.jpg

naked1222_suei-thumb-250x363-52831.jpg

高校生の頃 父親を縊死で失った『ピアノが上手い変態』ことセンチメンタル岡田が発起人となり、「親」に問題があった著名人を集めて、12月22日(火)トーク&ライブ「ぼくらが生きている理由〜親のしかばねを越えて行け〜」をネイキッドロフトで開催する。イベント後半はセンチメンタル岡田を中心とし、末井昭のサックス、枡野浩一、センチ岡田と交流のあるラッパーのGOMESS、歌手の高橋絵美が登場してライブ演奏を行う。ネイキッドロフトのサイトで現在予約受付中。
 

本イベント構成作家の高田真から、開催にあたってのコメントが届いた。
 

<『すぐにその理由が見つからなくとも』>
 
はじめまして。今回「僕らが生きている理由〜親のしかばねを越えていけ〜」の構成を担当させていただきます、作家の高田真と申します。
 
突然ですが皆さん、「親」って自分の中でどんな存在ですか?
 
自分語りになって恐縮ですが、僕は親が嫌いです。僕の親父は病的な女好きで尚且つ人の気持ちを理解できないクズ男で、母親はそんなロクデナシ親父の愚痴を小学生だった僕に延々垂れ流す感情論でしか話せない女性の嫌なところを凝縮したような女です。僕がこのライブの主催者であるセンチメンタル岡田さんから話をもらって構成を受けようと決めたのは、実は僕も「親に問題がある」人間の一人だからです。
 
トークパートに出ていただく皆さんはそれぞれ親に様々な問題があります。
ピアニストでイラストレーターでもあるセンチメンタル岡田さんは、父親が高校生の時に縊死。その他の家族にも様々な問題あり。
歌人の枡野浩一さんは厳格なご両親の元で長い間テレビはNHKしか見せてもらえなかったり(ご本人はTwitterで「理由が弱い」と自虐的におっしゃっていましたが、子どものころにテレビ番組の話題についていけないって結構な疎外感を味わったのではないかとお察しします)。
作家の末井昭さんは母親がダイナマイト自殺というかなりパンチの効いた亡くなり方をされており。
トークパートのMCを担当してもらう芸人のニコというコンビもそれぞれ父親に問題があり。
こうして並べて書くと「どんなお通夜トークライブになるんだよ!」なんて思われるかもしれません。実際僕も打ち合わせするまでは少し不安でした。
先日センチメンタル岡田さんとニコのお二人と僕で都内某所でライブ内容についての打ち合わせを行ったんです。時間にして約3時間。
僕は打ち合わせ中ほぼずっと笑っていました。
その打ち合わせを終えて、まだ多少残ってますが、不安の9割が吹っ飛びました。
 
1割の不安というのは内容が不謹慎だ!と良識のある方からは怒られそうではあるってとこです。「親」は敬うものであるというのが一般論ですから。ただ困ったことに「不謹慎」も度を過ぎると「面白い」に変化するんですよねぇ。本当に困ったことに。そして僕は「面白いは正義」だと思ってます。「暗い話を明るく面白く」が本ライブのテーマなので、お通夜状態には決してならないことをお約束します。
 
第一部のトークパートはフリップを一部使ったキーワードトーク、第二部はGOMESSさん(ラッパー)と高橋絵美さん(ジャズシンガー)をゲストに迎えての音楽ライブ。喋らせるとやや盛り気味でボケ倒すセンチメンタル岡田さんですが彼が紡ぐピアノの音色は素晴らしく美しいです。前半と後半のギャップを楽しみにしていてください。
 
今、「親」のことで悩んでいる貴方。
昔、「親」について憤ったことがある貴方。
未来、「親」について不安がある貴方。
12月22日、ネイキッドロフトにてお待ちしています。
 
高田真(作家)
 
null-548x790-thumb-450x648-52825.jpeg
ニュース アクセスランキング
最新ニュース

RSS


  • lpo
  • mamono